【非推奨】物販系ネットワークビジネスは市場が飽和している!

2020年5月18日仕事

みなさんいつもお読みいただきありがとうございます。

近々マレーシア移住を目論んでいるsakamotoです。

海外のオフショア口座で資産運用・資産保全をし利子配当と家賃収入で生活することを目指しています。

オフショアに関するカフェ会

毎週日曜日に開催しています。

ブログでは書けないこともお伝えします。

詳細に関する記事はこちら→

https://spulsllc.com/cafekai/

お申し込みはこちらから→

http://bit.ly/2PBfuOc

 

資産運用の基礎を学ぶマネーセミナー

マネーセミナーの詳細はこちら→

https://spulsllc.com/moneyseminar/

マネーセミナーのお申し込みはこちらから→

http://bit.ly/35EJvjs

先日のカフェ会の出来事。

参加者の方からとあるご質問がありまして、

せっかくなのでそれに対する私の回答をシェアしたいと思います。

 

質問内容は

「物販系ネットワークビジネス(いわゆるMLM)のことをどう思いますか?」

という漠然とした質問。

 

どうやら副業を何かしようと検討している段階で、

知人からネットワークビジネスを誘われて、意見を聞きたいという経緯。

 

私の周りでも取り組んでいる人はいらっしゃいます。

 

東京で活動されている方は結構多いかと思います。

 

そして結構勧誘を受けたこともあります。

 

私の回答としては

「物販系は市場がよろしくないから成功するのは難しいんじゃないかな」

と答えました。

 

今回は、ネットワークビジネスという事例をもとに、

 

なぜネットワークビジネスが上手くいかないのか、

そして副業・本業の失敗しない選び方について解説したいと思います。

 

これから取り組もうか検討をしている人や

実際にネットワークビジネスに取り組んでる最中で、

成果が出ていない人に読んでほしいです。

 

 

物販系ネットワークビジネスが集客に苦戦する理由

物販系のネットワークビジネス企業は、

生活用品だとか、健康食品だとかを扱ってますよね。

 

そして、個人が販売代理店として取り組むわけですが、

個人が生活用品や健康食品だとかを売るのって、結構無理ゲーですよね。

 

なぜ無理ゲーなのか。

 

その理由として真っ先にあげられることが「集客」です。

 

集客に苦戦する理由について、考えたことはありますか?

 

私の周りで、物販系MLMをやっている人が複数いますが、

 

それで生計を立てているかと言ったら、できている人は少なく、

 

また、少数の人がそれで生計を立てていたとしても、

 

生活費を稼ぎつつ、さらに十分な資産を蓄財できているかと言ったら、

 

できている人はさらに少なくなります(もしくは皆無なのではないかなと思うくらいです。)。

 

何年も取り組んでいても、未だに不労所得といえるお金をもらっている人は少ないです。

 

そして、そういった方にお会いすると大概「誰か紹介してほしい」と言われます。

 

やはり集客が課題のようですね。

 

集客が出来ないということは、その市場がすでに伸びないという事を意味します。

 

伸びないということは具体的には

・市場がない

・市場が飽和している

 

この2つがあげられます。

 

物販系のMLMは、完全に市場が飽和しています。

 

 

物販系MLMのライバルとは?

物販系MLMの市場が飽和していると書きました。

 

飽和しているということは、参入企業が多いからというイメージがありますよね。

 

例えば、有名企業でいうと、

アムウェイです。

 

彼らのライバルって、どこでしょうか?

 

ニュースキンとかメラルーカなどの同業他社を指しがちなのですが、

 

実はもっと巨大なライバルが存在します。

 

こういったビジネスは、

自社の通販サイトで購入された商品の売り上げに対して報酬がもらえる仕組みがほとんどです。

 

つまりは、物販系MLMのライバルは通販サイト全てを指します。

 

そうするともう思い浮かんだかと思いますが、

 

世界の四大IT企業の1つであるAmazonが存在しています。

 

物販系MLMを取り組むということは、Amazonの市場を狙うという事です。

 

なので、対抗をするには、

物販以外の付加価値を付けていかないとAmazonやほかの通販サイトには勝てません。

 

じゃあ何の付加価値を付けるの?

 

その壁にぶち当たってしまい、全然稼げず脱落する人が多くいます。

 

また、製品の成分が素晴らしいという点をオススメして販売することが特徴的なのがMLMですが、

 

最近では、他社の商品の成分分析をして、

その商品にさらに成分を足して販売するような会社も出てきました。

 

ですので、品質において付加価値をつけるということが非常に困難になっている市場です。

 

 

副業・本業を始める前には、事前にライバルのチェックが必要不可欠

ビジネスを始める前には、

必ずじっくりとライバルにどんな人や企業が存在するか?

 

という事を考えて、それからスタートするようにしましょう。

 

そうしないと集客で行き詰ります。 

 

ビジネスをスタートすることは誰にでもできても、

儲けを出し続けて豊かになることは難しいですよね?

 

重要なのは、

市場がしっかりとあって、飽和していない部分で参入することです。

 

そうすることで安定した成約が見込まれます。

 

また、誰にでも参入できるようにハードルを低く設定されたビジネスは

確かにとっつきやすいものではありますが、

それは多くの参入者がいるということになります。

 

マクロな視点でのライバルはAmazonで、

ミクロな視点でのライバルは販売代理店となります。

 

よくあるビジネス交流会などは、

大体がこの販売代理店と呼ばれる方や、

エージェントと呼ばれる方々で埋め尽くされます。

 

そこは、ビジネスマン同士が食い合いをする、

まさに血で血を洗うレッドオーシャンです。

 

こっちの水は甘いぞと言わんばかりの立ち振る舞いで、

どうにか白のオセロを黒にひっくり返せないか、

そういう労力のかかることをしています。

 

最初スタートするときは、

「私にも出来そう、 報酬プランが良いからすごい儲かりそう、すごいビジネスだ!」

と一時の感情ではそう判断するのですが、

 

実際に始まって取り組んでみると市場が飽和しきっていることに気づきます。

 

そうなると、販売代理店となるために費やしたイニシャルコストなどは無駄になりますよね。

 

だからこそ、やる前にしっかり市場を見た上で取り組むようにしましょう。

 

 

筆者がこれから副業をやるとしたら何をやるか

 

もし私が副業としてこれから何かをやるんだとしたら、

参入障壁が高いものをやった方がいいと考えます。

特に、専門知識が必要なもので、みんなが真似できることではない仕事。

 

そういったものこそ、独占市場とまではいかないものの、

なかなか真似をされず、ライバルも少ない市場の可能性が高いです。

 

そうすることにより、集客をした際にも困ることは少なくなります。

 

あとは、極力単価の高いことをした方がいいと思います。

 

100円の利益のものを100個売って1万円を手に入れるよりも

1万円の利益のものを1個売って1万円を手に入れた方がはるかに楽です。

 

※とはいえ私の個人的意見としては、副業自体が必要ないと考えています。

 

みなさんすでに本業で収入を得られているので、それで十分です。

 

大体が支出の多い方なので、支出を見直せば副業をしなくても十分貯蓄は可能です。

 

 

【好きな仕事】と【儲かる仕事】を切り離してみることも大事

好きなことを仕事にすることには賛成です。

 

ですが、それは市場が飽和していない状態であることが前提です。

 

なぜならいくら好きでも市場が飽和していると稼ぎづらいから。

 

なので、

市場が飽和している分野の仕事が好きで、仕事を続けたいのであれば、

 

お金を稼ぐ手段は別の仕事でなければなりません。

 

たまに、MLMという仕組みで人を誘うこと自体に喜びを感じてやられている方もいます。

 

かつ、お金を求めてMLMをしている方。

 

そういった方にはこうアドバイスをしています。

 

「一旦、好きな仕事は置いておいて、儲かる仕事を優先してみてはどうですか?」

 

とお伝えしています。

 

まずは儲かる仕事に取り組んで、

そこで余裕を作ってから、

好きな仕事に打ち込んだらいいと考えます。

 

MLM以外でも同じこと言えます。

たとえば、コーヒーが大好きでカフェをオープンしたい人がいます。

 

ですが、一念発起してカフェをオープンしてお店を継続して

繁盛させていくのはかなりしんどいですよね。

 

なので、まずは別の仕事で儲けてお金の心配をなくしておけば、

利益はほぼ出ないけど、趣味でカフェを経営することができます。

 

そのくらいのスタンスでやった方がカフェも長続きします。

 

利益を追求してしまうと、好きと利益が反比例してしまうこともありますからね。

 

そのような考え方で、

好きな仕事と儲かる仕事で切り離して2つの仕事を取り入れるという選択肢は

非常に友好的だといえます。

 

 

まとめ

いかがでしたでしょうか。

今回は「【非推奨】物販系ネットワークビジネスは市場が飽和している!」

と題して、

 

物販系MLMの市場が飽和している理由と、

どうすれば集客に困らないビジネスを選択できるか

を解説しました。

 

何よりも市場を知ることが重要です。

 

副業を検討している方、また、いま副業でうまくいっていない方は、

こういった視点で物事をとらえてみるとうまくいく可能性が上がるかもしれません。

 

日本人はそもそも働きすぎなので副業も必要ないと思いますが、

やる気に満ち溢れた方は、どうぞ市場をしっかりと確認してからチャレンジしてみてください。

 

それでは最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

 

運営者:さかしん
 

元・県庁職員
 

オフショア資産運用で預金利息をもらい
 

愛猫とゆるーく生活しています。
 

副業歴16年・資産運用歴10年の34歳です。
 

将来が不安!資産運用しなきゃ!
でもリスクもあるだろうし、
そもそも何をやれば良いのかが分からない、、、
 

そんな「過去の自分」へ向けたブログです。

友だち追加

ランキング登録中です。
記事内容に気に入っていただけたら
1クリックで応援お願いします。
にほんブログ村 その他生活ブログ マネー(お金)へ

スポンサーリンク