キャッシュレス時代、お財布はミニマル化の流れに。

2019年12月1日ライフハック

みなさんいつもお読みいただきありがとうございます。

近々マレーシア移住を目論んでいるsakamotoです。

海外のオフショア口座で資産運用・資産保全をし利子配当と家賃収入とポイントだけで生活することを目指しています。

今日は「キャッシュレス時代、お財布はミニマル化の流れに。」と題して記事を書きましたのでぜひご覧いただけたら幸いです。

オフショアに関するカフェ会

毎週日曜日に開催しています。

ブログでは書けないこともお伝えします。

詳細に関する記事はこちら→

https://spulsllc.com/cafekai/

お申し込みはこちらから→

http://bit.ly/2PBfuOc

 

みなさんは財布の形状はどういったものをお使いでしょうか。

 

折りたたみ、長財布、がま口、いろいろありますが、

最近は財布を取り出す機会が少なくなってきている人もいます。

 

筆者はあまり財布の出番がありません。

 

理由は2つあって、

①〇〇Payを利用しているから
②クレカをポケットに入れているから

 

現金決済のときだけ仕方なく財布を取り出します。

 

徐々に出番が少なくなってきている財布ですが、

それに伴って、大きさも小さくなっているようです。

 

今回はミニマル財布についてシェアしたいと思います。

 

スポンサーリンク

ミニマル財布を持つことのメリット

気分も思考も行動もスッキリする

ミニマル財布は、ほとんどカードが入りません。

日頃財布がパンパンな人は、

そもそもカードがあんまり入らない財布に変えてみることで、

それに適応していきます。

 

財布の中身を常に把握できるため、

できることとできないことの判断スピードが速くなりますし、

例えばポイントカードなども、

あらかじめ買い物を計画することで所持していくという、

衝動買いではなく計画的なお買い物が可能となります。

 

「いつ使うか分からないから」

 

という思いは

 

「行き当たりばったりの行動をしている」

 

ことを指します。

そして何より軽いのが良いですよね。

 

財布にお金を使わなくなる

ブランド大好き日本人。

もちろんミニマル財布にも各種ブランドが幅広く存在しますが、

ノーブランドでも十分機能性を満たすものは数多くあります。

 

ノーブランドですとブランド物の半分以下の相場で購入できますから、

非常に経済的です。

 

お金に余裕のある方はこだわっても良いかと思いますが、

プチ贅沢をしている人はこれを機に考えを切り替えると「貯金体質」になれます。

 

数年後、実物の貨幣は概念としての通貨に。

数年後、間違いなく現金で買い物する人がごく少数で、

あとはほとんどが暗号資産が成り代わって経済を動かしていきます。

 

銀行が発行するトークンはもちろんですが、

今話題のFacebookが「リブラ」という通貨を導入していくことにより、

国と国の通貨のボーダーレス化がはじまります。

 

ほんの数年先の世界の話です。

財布が利用される時代が終わろうとしています。

みなさんの財布を買い替える回数もあと数回ではないでしょうか。

せっかくなのでミニマル財布も試してみてくださいね。

 

 

一流を目指す大人たちのオンラインサロン運営中!

経済的な自由、仲間が欲しい方はご連絡ください。

↓  ↓  ↓

経済的自由と仲間を手に入れよう

公式LINEにてブログ更新通知・限定イベント告知・お得な情報を流します。無料ですから登録しておいて損はありません。

↓  ↓  ↓

友だち追加

ランキング登録中です。
記事の内容に気に入っていただけたら1クリックで応援お願いします。
 

↓  ↓  ↓

にほんブログ村 その他生活ブログ マネー(お金)へ