筑紫樓・銀座でお食事会【お金はあるところにはある】

2020年6月30日資産運用

みなさんいつもお読みいただきありがとうございます。

近々マレーシア移住を目論んでいるさかしん(@LIFE_MONEY_HACK)です。

海外のオフショア口座で資産運用・資産保全をし利子配当と家賃収入で生活することを目指しています。

 

オフショア資産運用に関して理解していくためのフロー
オフショア資産運用を順序よく理解できるフローを以下にまとめました。

https://spulsllc.com/offshore-15/

 

オフショアに関するカフェ会

毎週日曜日に開催しています。

ブログでは書けないこともお伝えします。

詳細に関する記事はこちら→

https://spulsllc.com/cafekai/

お申し込みはこちらから→

http://bit.ly/2PBfuOc

 

資産運用の基礎を学ぶマネーセミナー

マネーセミナーの詳細はこちら→

https://spulsllc.com/moneyseminar/

マネーセミナーのお申し込みはこちらから→

http://bit.ly/35EJvjs

 

※当ブログ筆者は金融商品の斡旋はしておりません。

よって紹介料なども頂いておりません。

フラットな立場で資産運用に関するお話をお伝えしています。

筆者の当ブログに関しての主な収益源は広告収入・カフェ会の参加費となっております。

 

先日、銀座のフカヒレが有名なお店でお食事会がありました。

久々に会う先輩方と顔を合わせたので、結構盛り上がりました。

 

コロナ期間でやはり色々人生のタイミングが遅くなったり、

方向転換したりとそれぞれのお話をお聞きしてました。

 

皆さんそれぞれが過ごした話を聞くことで、初めて知ったこともたくさんありましたし、

刺激をもらった話もありました。

 

今回はコロナ期間で経済が大混乱したのにも関わらず、

お金を増やし続けた人たちがいるということをお伝えしたいと思います。

 

筑紫樓で特大フカヒレコース

席料1人につき1万円のVIPルームでお食事会でした。

雰囲気がすごく高級だったので、慣れない場所で緊張しました。

 

飛び交う会話がすごくてひたすら勉強になる会でした。

「足るを知る者は富む」

もうとにかく満ち足りました。

 

田舎で公務員を6年勤め、29歳で一念発起して上京してきて

「ついにここまで来たんだな」

とつくづく感じました。

 

「有り難い」ですね。

 

 

フカヒレがものすごくでかくて、1人で130グラムのフカヒレを食べました。

お腹いっぱい絶品料理をいただきました。

フカヒレのスープにご飯をぶち込むという食べ方もお店の方に快く了承いただき、

みんなでカレーライスみたいな食べ方しました。

そしていつも大変お世話になっている人生の先輩から、

モンブランの超高級で素敵なペン(MONT BLANC  STAR WALKAR)もいただきました。

お金はあるところにはある

はっきり言って、お金は【あるところにはあります】

【あるところ】ってどこでしょうか?

 

CNNの記事で面白い記事があります。

コロナの期間中3ヶ月で、

アメリカ在住者の富裕層の資産が全体で62兆円増えたそうです。

以下抜粋です。

(CNN) 過去のおよそ3カ月間で、米国の富裕層の資産が5650億ドル(約62兆円)増えていたことが分かった。同国の進歩的なシンクタンク、政策研究所が3月18日以降のデータから報告書をまとめ、今月4日に発表した。

新型コロナウイルスの感染拡大で多くの米国人が経済的な打撃を受ける中、富裕層との格差が一段と広がった形だ。

報告書によると富裕層らの現在の資産総額は3兆5000億ドルで、感染拡大初期から19%増加した。アマゾンを率いるジェフ・ベゾス氏の資産だけでも、3月18日時点と比べて362億ドル増えたという。

同日以降、新規の失業手当を申請した米国人の数は4300万人近くに上る。低所得の労働者の中でも旅行やサービス業に従事する人たちがとりわけ大きな痛手を被っている。

今回発表された数字は、持つ者と持たざる者との分断がいかに深まっているかを如実に示すものだ。こうした状況は、米国全体での社会の不安定化に拍車をかけている。専門家の指摘によれば、富の不平等は現在の危機的状況によってさらに悪化する公算が大きい。

富裕層の資産が拡大する背景には、株式市場の目覚ましい回復がある。連邦準備制度理事会(FRB)がかつてない規模の金融緩和策を講じたことが影響し、ナスダックが史上最高値に迫るなど、株式市場は大幅に値上がりした。

実体経済と乖離(かいり)した市場の動きにより、格差の拡大が加速していると専門家はみている。

参照:CNN

トマピケティの「21世紀の資本」でも述べられている通り、

r>g

「r」は資本収益率を示し、「g」は経済成長率を示す。

つまり、

「資本主義の富の不均衡は放置しておいても解決できずに格差は広がる。格差の解消のために、なんらかの干渉を必要とする」

ということです。

 

要するに、

働くよりも資産を運用した方がお金の増えるスピードが速い

ということです。

 

つまり、端的な言い方をするならば、

「お金が欲しいのであれば、労働よりも運用」ということです。

 

筆者を含め、今回のお食事会メンバーは全員、

この3ヶ月で資産が増えた側の集まりです。

 

コロナ禍にもかかわらず、無風で全く問題なく運用がなされました。

 

我々は資本主義のルール・仕組みを学び、実践した【数少ない人種】です。

 

資本主義のルールって知っていますか?

 

資本主義の定義というのは何となくわかる人は多いと思いますが、

言葉の意味しか理解できていない人が多く、

本質を理解して行動できている人は本当に少ないです。

 

お金が欲しいのであれば、資本主義のルール・仕組みを学び、それを実行すること、

これが最短ルートです。

 

新規事業で一発当てるとか、

宝くじで一発逆転とか、

メジャーリーガーになるとか、

投資で一発逆転だとか、

 

そういう類の話ではありません。

 

誰でも出来てしまうのに、誰もやろうとしません。

 

積立をしてお金持ちになった人、知っていますか?

少なくとも筆者の周りには1人もいません。

 

積立はサラリーマン向けですよね。

 

つまり、サラリーマンをターゲットにした金融商品であるということは、

ずっと労働者であり続けるような金融商品であるということです。

 

生命保険に入っているお金持ち、知っていますか?

お金持ちは生命に保険はかけません。もっと大きな財産に保険をかけています。

 

生命保険はサラリーマン向けですよね。

 

つまり、サラリーマンをターゲットにした保険商品であるということは、

ずっと労働者であり続けるような金融商品であるということです。

 

ですが、みんな一般サラリーマンは、

みんながやっているから

だとか、

大手金融機関の営業マンが勧めてくれたから

とかいう謎の理由を元にみんなと同じことをやっています。

 

そんなに大企業の言うことが正しいんですか?

 

保険会社や証券会社の大変ご立派なビルは誰のお金で建っているかわかりますか?

 

お客様への還元には使われず、ただただ企業側の内部留保と資産運用に使われているとは思ったことはありませんか?

 

そんなにみんなと同じことをしたいんですかね?

 

みんなと同じことをしたら儲かるんですかね?

 

大半の人が資産運用で上手くいっていないのにも関わらず、

それに習って同じことをあえてするっていうのは、

自分で何も考えていない証拠ですよね。

 

もっと真剣に考えたらいいのに、

と思いながら、でもそれはみんな満足して、納得してやっているのであるから、

それにお節介を焼いて辞めさせるというようなことは言いません。

 

人生長いので、いつか気づくときも来るだろうし、

その時はまた周りにいる誰かにアドバイスをもらって色々とやればいいと思います。

 

 

お金がある状態で「世の中お金ではない」と言おう

お金がないのに「人生はお金ではない」というのは、

持たざる者の負け惜しみと言われがちですが、

そういう感情論的な「負け惜しみ」というレッテルではなくて、

もっと客観的に見ると、

お金がないのに「人生はお金ではない」というのは、

「お金を持ったことないのに何でお金について判断できるの?」

という明らかに論理破綻している発言と言えます。

 

まずお金をしっかりと持った上で、

「人生はお金じゃないよ」と言っている方が、絶対深みがありますよね。

 

貪欲に目的もなく億万長者を目指すのはしょうもないことです。

筆者もそこまで欲しません。

 

世の中のストレスから解放されたい、

そういった目的のためにはいくら必要か、

じゃあそれにはどのくらい頑張れば達成できるのか、

そういう風に天井を決めてから逆算すると

明確な目標が出来て頑張れます。

 

 

まとめ

いかがでしたでしょうか。

今回は、「筑紫樓・銀座でお食事会【お金はあるところにはある】」と題して、

持つ者と持たざる者の違いを紐解いていきました。

 

正解はたくさんあると思うので、

どれが絶対良いということは言いません。

 

ですが、お金を増やしたいという目的で資産運用を考えている方には、

絶対にやってはいけないことはたくさんあるので、それについてはいくらでも言えます。

 

7月にはカフェ会・マネーセミナーも本格復活します。

 

また、名古屋・大阪にも出張します。

 

止まった時を再び進めて行きましょう。

 

それでは最後まで読んでいただきましてありがとうございました。

 

運営者:さかしん
 

元・県庁職員

オフショア資産保全の預金利息とポイント活動で愛猫とゆるく生活中。

副業・資産運用歴16年の34歳。

・2000万円問題で将来不安が大きい
・資産運用は必要不可欠だと感じる
・でもリスクを負いたくないし、、
・何が危険で何が安全か分からない

そんな「最初の一歩の踏み出し方が分からない方」に向けて「色んな人に騙されて来た筆者」が赤裸々に、ド直球に発信・表現しています。

公式LINEでコラムを配信中!
友だち追加

ランキング登録中です。
記事内容に気に入っていただけたら
1クリックで応援お願いします。
にほんブログ村 その他生活ブログ マネー(お金)へ