富裕層の思考・行動・資産運用を徹底解明!

2020年3月16日資産運用

みなさんいつもお読みいただきありがとうございます。

近々マレーシア移住を目論んでいるsakamotoです。

海外のオフショア口座で資産運用・資産保全をし利子配当と家賃収入で生活することを目指しています。


オフショア資産運用に関して理解していくためのフロー

オフショア資産運用を順序よく理解できるフローを以下にまとめました。

https://spulsllc.com/offshore-15/

 

オフショアに関するカフェ会

毎週日曜日に開催しています。

ブログでは書けないこともお伝えします。

詳細に関する記事はこちら→

https://spulsllc.com/cafekai/

お申し込みはこちらから→

http://bit.ly/2PBfuOc

 

資産運用の基礎を学ぶマネーセミナー


マネーセミナーの詳細はこちら→

https://spulsllc.com/moneyseminar/

マネーセミナーのお申し込みはこちらから→

http://bit.ly/35EJvjs

 

富裕層とはいろんな基準がありますが、

おおむね1億以上の資産を持っていることが富裕層と言われることが多いです。

(金融機関ランキングでの調査では、1千万以上の資産保有で富裕層と定義する場合もあります)

 

筆者の周りにも、

数人ですが同世代で富裕層がいます。

 

今回は、筆者の人生をガラリと変えてくれた資産家さんから、

直に学んだことをシェアできたらと思います。

 

スポンサーリンク

元本は「保全」、利息で「生活」

「宝くじが当たったら、夢の利息生活」

と言う方もいます。

 

もちろん宝くじが当たれば、

日本の口座では利息生活は難しいですが、海外の口座なら可能です。

 

筆者の周りの富裕層は、宝くじが当たったわけでもなく、

親が資産家だったわけでもなく、本人の代で富裕層になった人です。

 

そして、その人も

元本を「保全」し、利息で「生活」

をしています。

 

元本に一切手をつけないため、資産は一切減らない、

まさに鉄壁な生活を送ることができます。

 

普通の人からでも富裕層になれる。

 

そういうリアルを目の当たりにしたら、

自分も達成できるんだと確信し始めました。

 

(ちなみに日本の富裕層は約120万人いるといわれてます。意外といるんですよね。)

 

富裕層はどうやってお金を増やす?

 

富裕層の真似をすることが一番の近道です。

では、どうやって資産を構築してるのでしょうか。

 

先ほどお伝えしたとおり、
 
 

「資産を減らさず、生み出された運用益を使う」

 

ことを考え方の根幹です。

 

例えて言うなら、

 

飲むのはコップからあふれ出した水だけにし、コップは常に水が満たされている状態にする」

 

という運用方針なのですね。

 

資産家ではない人は、コップに給料という名のお水が入っても、

生活のためにコップの中身を飲みます。

 

あふれ出すまで待つことができないんですね。

 

運用益を再投資して、

さらに複利での運用にすることも可能ですし、

事業にもチャレンジしたりします。

 

「お金に働いてもらう」という、

富裕層の鉄則をしっかり守った行動です。

 

資産家クラスの富裕層は、

ハイリスク・ハイリターンでの資産運用は行いません。

 

ローリスク・ローリターンの運用に対して、投資金額を大きくすることで、

長期的に運用益を確保する、という手法が富裕層の常識です。

 

ハイリスク・ハイリターンの運用に対して、

ほんの一握りの自己資金を、短期で回転させ、利益率を高めて一発逆転!

というような、

 

ちまたで副業ブームを逆手にやっている詐欺や

リスク度外視のギャンブルまがいの投資は富裕層は絶対にしません。

 

(富裕層になるためにその手法を使うのも愚の骨頂とあえて言わせていただきます)

 

※例えば、短期FXトレード、短期株トレード、

運用実態のわからない月利10%を人や会社に預けて配当をもらうことは、

富裕層はしません。

 

富裕層は人脈を大切にする

富裕層はつながりを大切にします。

 

富裕層同士でスポーツをしたり、会食したり、

これは考えが一致するのもそうですが、

良い情報がお互いにシェアできるからなんです。

 

普通の人は人脈って大切にせず、

むしろ人と人との関わり合いを絶つ社会性となってます。

 

普通の人とは逆のことをしているんですね。

 

これは、本質かもしれません。

なぜなら、普通の人が当然にやることをしていたら、

富裕層にはなれませんよね。

 

ある意味、

常に逆を行くことが王道

それが本質のように思えます。

 

コロナウイルスショックで分かった富裕層と一般人の違い

2020年はコロナウイルスの感染拡大による金融ショックの年ですね。

 

飲食店が本当に空いています。

 

普段満席の中華屋さんがスカスカだったり、

マスク不足でマスクが高値で取引されたり、

デマ情報に踊らされ、集団心理によりトイレットペーパーが買い占められました。

 

経済への影響はもちろんのこと、

情報で踊らされている人の行動による影響はかなり大きいと感じます。

 

間違った情報で全員が同じ行動を取ってしまう。

 

そして

・投資信託

・持ち株

・FX

で大損をしてヒーヒー言っています。

 

 

一方で富裕層の方はそこまでコロナウイルスに危機感を感じていないようで、

のんびりと普段と変わらない生活をしているみたいです。

 

なんならお店や、飛行機、新幹線が空いててラッキーといった感覚のようですね。

 

資産運用の方も、全然びくともしていない。

ストレスフリーです。

 

このブログの読者の方で

コロナショックの1ヶ月前に投資信託を解約し、

オフショア信託口座を開設し、資産を移し保全を開始された方がいました。

 

かなり良いタイミングで資産を安全資産に移し変えることができ、

興奮した様子で感謝の言葉をいただきました。

 

 

富裕層の方々と過ごす時間を増やし、感性に触れることで、

次第に思考や行動が富裕層のそれになっていきます。

 

そのおかげもあってか、先日私は西麻布にある完全紹介制バーの会員になりました。

 

とてもラグジュアリーで素敵なバーです。

 

ぜひ皆さんも富裕層の方と一緒に過ごす時間を増やしてみてください。

 

マインドの基準値がグッと高まります。

 

話し方、考え方、行動力、全てが勉強になります。

 

そして一流の近くにいると、一流の人たちと出会えるようになります。

 

こんなに素敵な連鎖はありません。

 

筆者も徐々にではありますが、

周りの方達に伝えられることが増えてきました。

 

 

富裕層になったら分散保有!

富裕層は1つの形で全資産を保有することはあり得ません。

 

例えば日本円だけで5憶円を持つ。これはあり得ない行動です。

 

分散保有に関する関連記事はコチラ→

( 【資産運用】やってはいけない間違えた分散投資・分散保有とは? )

 

プライベートバンクや、ファミリーオフィスに任せていても、

複数の運用会社に依頼していることがほとんどです。

 

常に何が起こってもいいように備えているわけですね。

 

ただ、↑の関連記事にも書いているとおり、

分散させるのはお金持ちになってからです。

 

 

【まとめ】富裕層の思考を取り込む!

いきなりは資産は築けませんから、

まずは思考を真似る

そして、

「やってはいけないこと」は、富裕層の思考と逆のことをやってしまうことです。

 

これをやることでどんどんと富裕層への道から遠ざかります。

 

自分で勝手に考えて我流で行動しても意味がありません。

(意味がないというか、だいぶ遠回りになります。)

 

富裕層になるためにハイリスクな投資をすることだけは辞めましょう。

 

あとは資産の築き方は人それぞれの状況で異なります。

 

「私はどうしたらいいんだろう」

 

という方、筆者の知識と経験でアドバイスできるところがあれば致しますので、

気軽にご連絡くださいね。

 

それでは最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

 

 

一流を目指す大人たちのオンラインサロン運営中!

経済的な自由、仲間が欲しい方はご連絡ください。

↓  ↓  ↓

経済的自由と仲間を手に入れよう

公式LINEにてブログ更新通知・限定イベント告知・お得な情報を流します。無料ですから登録しておいて損はありません。

↓  ↓  ↓

友だち追加

ランキング登録中です。
記事の内容に気に入っていただけたら1クリックで応援お願いします。
 

↓  ↓  ↓

にほんブログ村 その他生活ブログ マネー(お金)へ