【オフショア資産運用】72の法則。複利運用を知らないと損をする!?

2020年10月28日資産運用

みなさんいつもお読みいただきありがとうございます。

近々マレーシア移住を目論んでいるさかしん(@LIFE_MONEY_HACK)です。

海外のオフショア口座で資産運用・資産保全をし利子配当と家賃収入で生活することを目指しています。

オフショア資産運用に関して理解していくためのフロー
オフショア資産運用を順序よく理解できるフローを以下にまとめました。

https://spulsllc.com/offshore-15/

オフショアに関するカフェ会

毎週日曜日に開催しています。

ブログでは書けないこともお伝えします。

詳細に関する記事はこちら→

https://spulsllc.com/cafekai/

お申し込みはこちらから→

http://bit.ly/2PBfuOc

資産運用の基礎を学ぶマネーセミナー

マネーセミナーの詳細はこちら→

https://spulsllc.com/moneyseminar/

マネーセミナーのお申し込みはこちらから→

http://bit.ly/35EJvjs

※当ブログ筆者は金融商品の斡旋はしておりません。

よって紹介料なども頂いておりません。フラットな立場で資産運用に関するお話をお伝えしています。 筆者の当ブログに関しての主な収益源は広告収入・カフェ会の参加費となっております。

ラジオでも本記事について話しています。

通勤時間などに最適です。

記事とはまた少し違う内容も話していますので、こちらもぜひお聞きください。

複利運用とは?人類最大の発明!

複利運用とは、利息計算手法のひとつで、

元本と利息の合計額に対して利息が計算される方法です。

 

その特徴にして最大のメリットとして、

時間が経過すればするほど利益も大きくなっていきます。

 

得た利益も利息が付くという運用方法です。

 

こうすることで、利益が雪だるま式に増えます。

 

アインシュタインが

「人類最大の発明」

と認めたのがこの複利です。

 

筆者が実践しているオフショア・タックスヘイブンでの資産保全、資産運用も、

複利運用でお金を守りつつ早いペースで預金額を増やしています。

 

それでは、複利運用がどれだけすごいことかを見ていきましょう。

 

複利は単利と比べると、どのくらい利が増えるのでしょうか。

 

上図を見てわかるとおり、最初のうちは利の増え方は大したことはありません。

 

ですが、時間が経つにつれ、

急激に利が膨らみ続けるという特徴があります。

 

途中から1.5倍、2倍、3倍になっていきます。

 

「急激に利益が出るなんて詐欺じゃない?怪しい!そんなの嘘に決まってる!!!!」

という方はぜひご自身で計算してみてください。

 

もしそれが嘘だと証明できたら、

アインシュタインを真正面から科学的に否定できるノーベル賞ものの大発見となります。

 

資産運用の鉄則は複利運用です。

 

 

 

72の法則について詳しく解説していきます。

年〇%の金利で運用すると△年で資産が2倍になるか

という公式になります。

 

式は
72÷〇(%)=△(年)

 

例えば、筆者が預金をしているオフショア銀行口座で考えてみます。

筆者の預けているオフショア銀行預金は年間約8〜10%の固定金利です。

 

72÷10=7.2

つまり約7年で資産が2倍になります。

 

私はまだ口座開設をしてから7年経過しておりませんが、

確実にそこに向かって資産が増え続けています。

 

投資と違う点は、損失が出るリスクがないことです。

 

銀行が破綻したら?

銀行法のペイオフや信託法で元本は守られます。

 

 

一方で、投資で失敗したら?

リスク商品ですので、当然誰も補填なんてしてくれません。

 

自己責任です。

 

紹介してくれた人にも責任を追求することはできません。

 

みーんな逃げてしまいます。

 

ですから、失礼な話、

投資で複利運用とか言っている人は何を考えているのかと思っちゃいます。

 

仮にそれができたとしても、血の滲む努力をした、ほんのひと握りの人しかいません。

 

それよりも誰でもできる貯金で複利運用した方が、

みんな同じ結果なんだからそっちの方が良いですよね。

 

 

間違った複利運用の使い方

複利運用は素晴らしいのですが、

それを悪用する奴らが多いのが投資の世界です。

 

FXなどのリスク大の投資で複利運用して2倍3倍にしようなんて

甘い考えで自分の大切なお金を失うことだけはやめてください。

 

FXツール、ノウハウ販売、無料のミラートレード、ブックメーカー、バイナリーオプション

私ははっきりと全否定します。

 

どれもダメです。

 

知人のプロ専業トレーダーに聞いたことがあるのですが、

 

「書店で本買ったってチャートを読めるようになるだけで勝てる訳ではない。」

 

「実際に勝て始めてくるのは、おおよそ3年もしくは1,000時間、それだけに没頭してきてから勝ち筋が見えてくる。」

 

「だからツール販売とか舐めた商売している奴らは本当に悪どい。勝てないとわかっていて紹介してるから。」

 

「でも、そういったカモのトレーダーがたくさん参入してくれた方が、プロからしたら狩りをしやすいから、素人が参入してくれた方がいいのかもしれない笑」

 

と言っています。

 

要するに

簡単に成果を求めてしまうと、いろんな人のカモにされる

ということですね。

 

 

自動トレードソフトや、

プロのロジックを使用したと謳っている

PAM口座・MAM口座も勝てたら苦労しません。

 

決して騙されてはいけません。

 

彼らはツール販売の販売益で儲かっています。

 

仮に参加費が無料のトレード口座を紹介されたとしても、

取引手数料が高く設定されており、

紹介者にはスプレッド収入と言われる、

お客さんが取引すればするほど手数料がじゃんじゃん入る仕組みとなっています。

 

手数料がめちゃくちゃ乗っかっているので、

利益を出すのは非常に困難です。

 

騙されてはいけません。

 

筆者の考えは、投資で複利運用は通用しないと思っています。

 

なぜなら、投資は損失を生む可能性が非常に高いから。

 

元本が守られている自身の口座で複利運用をすれば

時間が経つだけで資産を大幅に増やすことができるのです。

 

その答えは簡単、預金です。

 

ただし、今の日本はマイナス金利です。

 

なので世界に視野を広げなければなりません。

 

筆者はオフショアの信託という仕組みを利用して、

日本よりも有利な金利で資産を複利運用しています。

 

運用と言っても、預金しているだけなので、完全放置です。

 

 

金額目標を設定し、逆算しよう!

人間は目標やインセンティブが無いと動こうにも動けません。

 

30年後、いくらの貯蓄がほしいか、まずそれを設定しましょう。

 

仮に30才の方が60才までに5000万円の貯蓄がほしいとします。

 

金利10パーセントのオフショア銀行口座に預金したとすると、

72÷10=7.2年

約7年で倍になりますから、

 

逆算すると

53才時点で2500万円貯蓄があれば、7年後の60歳で5000万円は達成

46才時点で1250万円貯蓄があれば、7年後の53歳で2500万円は達成

39才時点で625万円貯蓄があれば、7年後の46歳で1250万円は達成

32才時点で312.5万円貯蓄があれば、7年後の39歳で625万円は達成

 

つまり

32才時点で300万円の預金をできれば60歳には完全放置で5000万円の蓄え

にはなるわけです(預金元本や受け取り利息に一切手を出さない場合)。

 

意外と簡単ですよね。

 

単純に、そう言った銀行口座が今の日本には用意されていないというだけです。

(昔はゆうちょも定期預金が12%だった時代もあります。)

 

 

72の法則・複利運用は時間(寿命)との勝負!

今、別に困っている訳ではないから、なあなあで後回しにしてしまうのが、資産運用です。

実害として損をしている訳ではないですからね。

 

ですがこれは目に見えない損をしています。

これを機会損失・チャンスロスといいます。

 

筆者と同じオフショアの信託口座を40代・50代で持たれた方は多くの方はこう言います。

「もっと早く知りたかった」

 

20代と60代が同じ金額で始めると、間違いなく20代の方が複利運用の伸び代があります。

 

出来るだけ早くから取り掛かっていた方が他者よりも有利になります。

 

20歳のAさんが始める100万円の資産運用

60歳のBさんが始める100万円の資産運用

で比較しましょう。

 

① 金利が10%の預金口座にほったらかしにします。

② 100歳がゴールとします。

 

72の法則で計算すると、

100歳時点ではどれほどの資産になっているでしょうか。

 

Aさんは

27.2歳で200万円

34.4歳で400万円

41.6歳で800万円

48.8歳で1600万円

56歳で3200万円

63.2歳で6400万円

70.4歳で1億2800万円

77.6歳で2億5600万円

84.8歳で5億1200万円

92歳で10億2400万円

99.2歳で20億4800万円

です。

 

Bさんは

67.2歳で200万円

96歳で3200万円

 

どちらも100歳ぴったりの数字ではありませんが、

どちらが大きいかは火を見るよりも明らかです。

 

つまり、

20歳の時の100万円と

60歳の時の100万円では、

重みが全然違うんです。

 

早ければ早いほどいいことはわかったはずです。

 

年単位ではもちろん、月単位、日単位でも、

1日でも早く取り掛かることが先決です。

 

72の法則の複利運用は、

時間が経てば経つほどその効果が表れます。

 

来年やろうと思っている方は、

すでにやっている方からどんどんと遅れを取っています。

 

そして、取り掛かるのが遅ければ遅いほど、

資産運用では大した効果は得られません。

 

気づいた時には時すでに遅しです。

 

その時点でやっと、

「あ、人生詰んでいたんだ」

と実感できます。

 

仕事と違って不運なことは、

資産運用など将来のお金に関することは、

誰かによって期限などが明示されるわけではないということです。

 

気づいた時には

すでに生活困難になっている or 生活困難になる可能性が高い

状態にあるわけです。

 

人は将来数年後のことは考えて行動しません。

大体が直近のことばかり考えて行動します。

 

ですから、目に見えずじわじわと歩み寄ってくる脅威には気づくことはありません。

 

そして目に見えないものは、本当かどうかが判断できないので、

信憑性がないものと無意識に判断してその決断を遅らせます。

 

人間の心理と行動って恐ろしいですね。

 

資産運用をおろそかにして先延ばしにすると、

貧困・飢え死にに直結します。

 

人生詰んだと同義です。

 

なので、

仕事よりも資産運用を最優先に考えて行動することが正解

なのです。

 

資産運用の目標・見通しを立ててから、仕事を頑張って貯金し、運用することが健全です。

 

ですが大多数の人は、目に見える仕事の締め切りを優先にして生きているはずです。

 

 

 

貯蓄するために投資をすることは大きな間違い!素人がよくつまづく勘違い

よし、貯金しよう!

 

でも、今の稼ぎと生活では貯金ができない!

 

よし、投資をして稼ごう!

 

こういう理屈で投資を始める人は恐ろしく多いです。

 

お金がないのに投資をしているということです。

 

ここで大事なのは

貯蓄をするためのお金を投資で稼ごうとしないことです。

 

投資というのは、お金持ちがやる資産運用です。

 

今、投資をしている方、あなたはお金持ちですか?

 

ちまたに溢れる、CMや知人との日常会話、

なんとなく日本人が思っている常識って、

資産運用=投資という洗脳がかけられています。

 

そしてなぜかちょうどよく、

資産運用=投資で失敗しても大丈夫でっせ!!仮に損しても税金や所得額をまけてあげるから大丈夫です!!」

と言って

なぜか損する前提でNISAやiDeCoが用意されていますよね?

 

そして日本の投資信託の全体の9割が損失を出している現状です。

 

この関連性、気づきますかね?

 

政府は損する前提で仕組みを作っているんですね。

 

投資信託が損することがわかっているからです。

 

投資は、ゼロサムゲームなのでお金の奪い合いです。

 

マイナスになる可能性もありますし、

手数料が取られる時点でマイナスからのスタートとなります。

 

 

「投資の軍資金は、毎月、毎年生まれる預金利息(余剰資金)から捻出するのが資本家の常識」

 

預金利息の中から投資をすれば、たとえ失敗しても、また翌月、

もしくは翌年には預金利息がもらえますから、再チャレンジできます。

 

当然預金の元本は減りません。

 

ですが、貯蓄がない人がなけなしの貯蓄の元本を使って投資をして失敗したら、

元本を失うわけですから、その元本を貯めなおさなければなりません。

数か月、数年待たなければなりません。

 

みんなお金の勉強をしてこなかったLv.1の勇者達なので、

 

貯蓄→投資 の順番が正解

投資→貯蓄 の順番は不正解

 

という大大大前提である教養が身について無いがために

いつまでたってもお金持ちにはなれないんですね。

 

 

まとめ

いかがでしたでしょうか。

 

・目に見えることの先延ばしは大したデメリットもない

・目に見えないことの先延ばしは人生大きく左右する

・資産運用は長期でやるもの。72の法則で早ければ早いほど良い

・若い時の100万円と歳を取ってからの100万円だと生み出す価値が違う

・投資で成功したら貯蓄しようと考えていると失敗する

 

ということがわかりました。

 

仮に投資で成功したら、その利益は間違いなく、

もう一回再投資してさらに利益を求めようとします。

 

それが人間です。

 

損してお金を失うまでは投資の輪廻から抜け出すことはできなくなります。

 

これは投資で勝つと脳内でドーパミンが溢れ出ているからです。

 

つまりパチンコ依存と同じ状態になります。

 

十分に気をつけましょう。

 

これらの誘惑や感情に打ち勝って、3年没頭してプロの投資家になりたいのか、

それとも、安全な副収入として安定した収入が欲しいのか、

どちらが良いかは人それぞれです。

 

知らないうちに、

知人に紹介されて自分の目的達成にはそぐわない手段を選択してしまってはいませんか?

 

これを知らない・気づけないと富は築けません。

 

延々と同じことを繰り返すだけです。

 

地に足をつけ、複利運用でしっかりと富を築いていきましょう。

 

つまるところ、まずは愚直に節約、貯金をするしかありません。

 

筆者も、地味でスピードが遅くて嫌でしたが、まずはそこからのスタートでした。

 

早く結果を求めれば求めるほど足元をすくわれる

ということを肝に命じて今後の資産運用をされることをオススメします。

 

毎週日曜日にカフェ会にて資産運用、

オフショア、節約など、雑談ベースでいろんなお話をしています。

 

気づきや学びが欲しい方はぜひ参加されてください。

申し込みフォームはこちら →   http://bit.ly/2PBfuOc

それでは最後まで読んでいただきましてありがとうございました。

 

 

ラジオでも72の法則について話しています。

記事とはまた少し違う内容も話していますので、こちらもぜひお聞きください。

運営者:さかしん
 

元・県庁職員

オフショア資産保全の預金利息とポイント活動で愛猫とゆるく生活中。

副業・資産運用歴16年の34歳。

・2000万円問題で将来不安が大きい
・資産運用は必要不可欠だと感じる
・でもリスクを負いたくないし、、
・何が危険で何が安全か分からない

そんな「最初の一歩の踏み出し方が分からない方」に向けて「色んな人に騙されて来た筆者」が赤裸々に、ド直球に発信・表現しています。

公式LINEでコラムを配信中!
友だち追加

ランキング登録中です。
記事内容に気に入っていただけたら
1クリックで応援お願いします。
にほんブログ村 その他生活ブログ マネー(お金)へ