【詐欺】某副業ビジネススクールでポンジスキーム詐欺

2020年3月28日騙されてはいけないシリーズ

みなさんいつもお読みいただきありがとうございます。

近々マレーシア移住を目論んでいるsakamotoです。

海外のオフショア口座で資産運用・資産保全をし利子配当と家賃収入で生活することを目指しています。


オフショア資産運用に関して理解していくためのフロー

オフショア資産運用を順序よく理解できるフローを以下にまとめました。

https://spulsllc.com/offshore-15/

 

オフショアに関するカフェ会

毎週日曜日に開催しています。

ブログでは書けないこともお伝えします。

詳細に関する記事はこちら→

https://spulsllc.com/cafekai/

お申し込みはこちらから→

http://bit.ly/2PBfuOc

 

資産運用の基礎を学ぶマネーセミナー


マネーセミナーの詳細はこちら→

https://spulsllc.com/moneyseminar/

マネーセミナーのお申し込みはこちらから→

http://bit.ly/35EJvjs

 
 
 
「サラリーマンの副業で、楽して毎月5万円を安定に手にしましょう!」
 
 
「誰でも稼げます!」
 
 
「主婦でも稼げる在宅ビジネス!」
 
 
 
こんな謳い文句があったら、皆さんはどう思われますか?
 
 
 
昔の筆者はこういうのに心を踊らせて騙された経験があります。
 
 
 
今も現在進行形で多くの人がこういった詐欺や詐欺まがいのものに大事なお金を奪われ続けています。
 
 
 
 
 
知人がスクールビジネスに入会し、出資詐欺被害にあったようです。
 
 
 
本当に都会は詐欺が隣り合わせにありますよね。
 
 
 
常に自分を守る知恵と行動が必要となってきます。
 
 
 
今回の詐欺内容は、過去の記事でも取り上げた、
 
 
「ポンジスキーム」
 
 
です。
 
 
 
わからないかたはまずこちらをお読みください。
 
 
 
 
 
 
それでは概要をシェアしたいと思います。
 
 
 

スポンサーリンク

ビジネススクールで起きたポンジスキーム詐欺の内容

 
内容としては、
 
 
都内にある副業ビジネススクールが、
 
 

月利20%

事業投資

さらに

元本保証

と謳って金をかき集めていました。

 
 
 
実態は、
 

どういう内容で運用されていたかは不明

 
初月だけ「運用利益と称されたお金」が配当され、
 
 
2か月目からは配当がない状況。
 
 
 
 
THE・ポンジスキーム。
 
 
 
これぞ詐欺!というお手本のような詐欺です。
 
 

表向きではやらず裏で動いていた

 
表向きはこういったことをやっている様子はなく、
 
裏でひっかかりそうな人にだけ声をかけてやっていたそうです。
 
 
 
 
なので、現状ではスクール内で表面化はしていないという状況。
 
 
 
 
そもそも詐欺は僕もひっかかったことがあるので許せませんが、
 
 
さらにこの件に関しては個人的に怒りを隠せません。
 
 
 
 
 
なぜなら、
 
私はこの詐欺をやった某ビジネススクールに講師を頼まれて、
 
 
「詐欺に引っかからない方法」
 
 
を自分の過去の体験談を元にスクール生の前で披露したからです。
 
 
 
 
 
そしてそれはまさにポンジスキームという詐欺手法
 
があるから気をつけてということを伝えました。
 
 
 
 
まさか、このスクールのトップが率先して詐欺をやっていたとは、、、
 
 
そして私の話を聞いて、スクール生は詐欺にひっかかっているとは、、、
 
 
 
 
非常にいきどおりと虚しさを感じます。
 
 
 
 
つまり主犯は知っていてこの詐欺に手を染めていたということですからね。

 

真っ黒です。

 
 

止むを得ない事情を切り出して出資者をうやむやにしようとする

ポンジスキームの手口は、

 

「予期せぬ事故が起きた」

「完全に想定外」

 

といったように見せかけて出資者に対し、

 

「僕らでもどうしようもなかったんだ」感をたくさん出して事故で終わらせようとします。

 

信頼していた人は、そのまま信じる人もいれば、

怪しいとは思いつつも、それを全否定できる証拠もない、

だから静観するか、泣き寝入りするかという手段をとる人がほとんどです。

 

信じていた人をそのまま信用し続けるように仕向けることは、

普通なら良心の呵責に耐えられません。

 

こういうことをする人は、人の感情を巧みに利用した、

人の感情を持ち合わせていない外道を歩む人間です。

 

 

投資において元本保証は出資法違反となる

 

出資法1条

「何人も、不特定且つ多数の者に対し、後日出資の払いもどしとして出資金の全額若しくはこれをこえる金額に相当する金銭を支払うべき旨を明示し、又は暗黙のうちに示して、出資金の受入をしてはならない。 」

 

出資法1条に違反した場合の罰則は、

3年以下の懲役若しくは300万円以下の罰金、又はその両方となっています。

 

出資(投資)する側にとっては、

元本が保証されることはメリットでしかないように思えますが、

元本保証を禁止する趣旨としては以下の通りとなっています。

 

・虚偽の説明で出資者の判断を誤らせることを防止する

・一般大衆が不測の財産的損害を被ることを早期に防止する

 

ことだとされています。

 

そのため、

『誇大広告禁止の規定』

と呼ばれることもあります。

 

 

もし、元本保証を謳って出資者(投資家)を募集することを自由に許すと、

できもしない元本保証や利回りを謳って出資を集める人たちがたくさん出てくるからです。

 

 

元本保証をしていいのは銀行預金口座に入っているお金だけです。

 

なお、

元本保証や高利益をうたい不特定多数の者に出資させた場合、

取調べが行われ、集めたお金の流れや本人の認識次第では、

詐欺罪で立件されるケースもあります。

 

詐欺罪で起訴されれば、10年以下の懲役が科される可能性があります。

 

多くの場合は、執行猶予がつかずに実刑判決で刑務所入りです。

 

 

不信感を持つスクール生の引き止めをしている模様

 
 
今は不信感を持って辞めようとするスクール生に、
 
 
「スクールの会費は要らないからスクールに居てくれ」
 
 
と頼んでいるそうです。
 
 
 
 
理由は明白で、
 
スクール生の人数規模の維持を見せかけたいから、
 
また、不穏な空気を他の知らないスクール生に悟らせないため
 
ですね。
 
 
 
 
スクール自体は維持をさせ、
 
 
また新たなカモが飛び込んでくるのを虎視眈々と待っている状況ですね。
 
 
 
 
 
逮捕に至ってないので、現時点ではここでは固有名詞等は伏せますが、
 
今後ニュースを騒がせる大事件となる可能性があります。
 
 
 
 
もし気になる方がいたら詐欺を未然に防ぎたいので
 
 
個別にメッセージで問い合わせください。
 
 
 
本当に残念です。

 

 

詐欺にひっかからないためには、基準を持たないとダメ

 
事業投資は一般人が手を出す規模のものではありません。
 
 
 
通常、正常な企業は金融機関から融資を受けてそのお金で事業を行います。
 
 
 
口うるさい個人を、しかも小口のお金をかき集めてまでやることはありません。
 
 
 
その時点でNoといえます。
 
 
 
また、仮にこの事業投資があったとしても、
 
 
誰が第三者として管理・保全しているのでしょうか。
 
 
 
 
当事者同士しかいませんよね。
 
 
 
 
それがいけないんです。
 
 
 
投資であれば、きちんとその投資がきちんとした投資であることを保全する役割を持った第三者がいないと、
 
出資してもらった会社はやりたい放題なのは目に見えています。
 
 
 

詐欺にひっかからないためには、「自分は大丈夫」と思わないこと。

きちんとお伝えしたのにもかかわらず、その手法にひっかかってます。
 
 
これって、
 
「オレオレ詐欺」「振り込め詐欺」
 
にひっかかる人の心境と似てますよね。
 
 
 
「まさか私がひっかかるなんて」
 
 
「私は大丈夫」
 
 
そういうおごりが詐欺師に付け込まれてしまいます。
 
 
 
こういう真理を正常性バイアスと言います。
 
 
 
 
きっと筆者の話を聞いたスクール生の方は
 
 
「さかしんがバカだったんだな。俺はそんなのにはひっかからんよ。ちゃんと見極めることができるからね」
 
 
と思っていたと思います。
 
 
 
 
もしも、
 
 
「あれ、これってさかしんが言ってたパターンのやつなのでは、、、」
 
 
 
と少しでも疑問に思い、
 
 
筆者まで相談していたらそのお金は詐欺師に奪われずに済んでいました。
 
 
 
 
筆者も騙されたことがあるのでよくわかりますが、
 
 
「自分にこんな話が来るなんて、神がかってる、人生今がノッている!」
 
 
と思うようになり、
 
 
ブレーキがぶっ壊れた状態
 
 
になってしまいます。
 
 
 
 
そんなときこそ、先人の失敗をきちんと活かして欲しいですね。
 
 

詐欺にひっかからないためには、「法律で守られているか」を確認すること

 
単に契約書を交わしてればいいということではありません。
 
 
 
契約書はこういう詐欺においてはほぼ無意味です。
 
 
 
きちんと金融庁の許可がおりている金融機関を利用した投資をしないといけません。
 
 
 
もし金融機関ではなく、いち会社であれば、
 
 
自分のお金が適正に管理・運用・保全されているかなんてわかりませんよね。
 
 
 
なので
 
 
会社の手に渡った時点でもうどうにもすることができないお金になる
 
 
という覚悟とリスクを背負った認識をしなければなりません。
 
 

騙されて終わりの人生にだけはなってほしくない

めちゃくちゃ悔しいと思います。

 

気持ちは痛いほどわかります。

 

ですが、これがトラウマとなり、そもそも何もやらなくなることは非常に勿体無いです。

 

その経験が血となり肉となることで、新たな自分が生まれます。

 

自分が成長するための成長痛のようなものです。

 

ですから、諦めてドロップアウトはしないでください。

 

転ぶなら、前向きに転びましょう。

 

そして

「投資はやめましょう」

 

そういった方は、知識・経験・判断力がなかったからそうなったわけです。

 

さらにはセンスもなかったかもしれません。

 

筆者はそこを痛感したので、投資はやっていません(やっているのは不動産投資だけです。)

 

資産運用なんてオフショア信託口座の預金利息だけで十分というほどもらっています。
 
 
 
 
オフショア信託口座は、
 
カストディアン
 
と呼ばれる
 
大手金融機関が口座と受け取り利息を管理・保全
 
しているので、
 
 
こういった詐欺会社が悪さしようと思っても大手金融機関が守ってくれます。
 
 
 
そんな綱渡りのような投資をやらなくても済みます。
 
 
 

万が一、詐欺に引っかかって借金をしてしまったら?

正直なところ、詐欺に引っかかった後だと取り返しがつきません。

 

警察に通報しても、なかなか取り合ってもくれません。

 

そして事業投資系の詐欺だと、

借金をさせて事業投資にお金を投げさせて、

事業投資が頓挫して借金だけが残るケースがあります。

 

事業投資の配当を返済のあてに期待していた人たちは、

たちまちどん底に落とされてしまいます。

 

そんな時にできる手段としては、

 

・自力でガンガン稼ぎまくって返済する

・任意整理or個人再生or自己破産

 

です。

 

ただただ債務に悩んで利子だけ返して元本が全然返せていない方、

そういった方はおそらく10年以上はその状態が続き貯金なんてできません。

 

そんな財政状況だと結婚にも踏み切れません。

 

やってしまったことは素直に認め、反省し、切り替えていかないと

あまり状況は好転しません。

 

こういった問題は知人には相談しづらいと思いますので、

相談無料の弁護士事務所に相談することをオススメします。

 

借金問題に専門特化した弁護士法人があります。

 

一例を挙げますと、

【イストワール法律事務所】→ 「全国無料対応!ゆっくりしっかり長時間借金相談!!」

があります。

 

相談してみると気持ちもスッキリし、

新たな一歩も踏み出せます。

 

【まとめ】詐欺にひっかからないための手法、シェアします。

 
いかがでしたでしょうか。
 
 
 
今回は「【詐欺】某副業ビジネススクールでポンジスキーム詐欺」と題して、
 
 
副業が解禁されているこのご時世を利用した悪質な詐欺の手法をご紹介しました。
 
 
 
 
本当にこういうのは許せないので、
 
 
お会いした方などにはいくらでもお伝えできますので、遠慮せずにメッセージください。
 
 
このブログでも積極的に読者のみなさまのリテラシーが高まるように記事をあげていきたいと思います。
 
 
 
もし周りでだまされそうな人がいたら、
 
 
このブログの関連する記事をシェアしてみなさんの力で守ってあげてください。
 
 

 

一流を目指す大人たちのオンラインサロン運営中!

経済的な自由、仲間が欲しい方はご連絡ください。

↓  ↓  ↓

経済的自由と仲間を手に入れよう

公式LINEにてブログ更新通知・限定イベント告知・お得な情報を流します。無料ですから登録しておいて損はありません。

↓  ↓  ↓

友だち追加

ランキング登録中です。
記事の内容に気に入っていただけたら1クリックで応援お願いします。
 

↓  ↓  ↓

にほんブログ村 その他生活ブログ マネー(お金)へ