再投資のススメ〜成金よりも資産家になろう〜

資産運用

みなさんいつもお読みいただきありがとうございます。

近々マレーシア移住を目論んでいるさかしん(twitterはこちら)です。

海外のオフショア口座で資産運用・資産保全をし利子配当と家賃収入で生活することを目指しています。

 

オフショア資産運用・資産保全を理解するためのフロー
https://spulsllc.com/offshore-15/

 

オフショアに関するカフェ会
毎週日曜日に開催しています。
ブログでは書けないこともお伝えします。
詳細→https://spulsllc.com/cafekai/
申込→http://bit.ly/2PBfuOc


オフショア・タックスヘイブンに関する個別相談会
カフェ会のような複数人数ではなく、自身の状況を元に相談をされたい方にオススメです。

 

資産運用の基礎を学ぶマネーセミナー
※マネーセミナーでは、オフショア・タックスヘイブンに関することはお伝えしておりません。お金の基礎知識、リスクなどについてお伝えしています。
詳細→https://spulsllc.com/moneyseminar/
申込→http://bit.ly/35EJvjs


ラジオ[さかしんradio]
自己紹介⇨https://bit.ly/31wnnbe


※当ブログ筆者は金融商品の斡旋はしておりません。 よって紹介料なども頂いておりません。フラットな立場で資産運用に関するお話をお伝えしています。 筆者の当ブログに関しての主な収益源は広告収入・カフェ会の参加費となっております。

資産が増えてきたり、収入が増えてくると「これが欲しかったから買おう」という気持ちがどうしても湧いてきます。

 

筆者自身、今欲しいものを聞かれたら「キャンピングカー」と答えます。

ですが今購入すると、資産の増え方が遅くなりますので資産家への道が遠のきます。

 

今回は、資産家を目指す方や、ビジネスなどで所得がたくさん手に入った方に向けて、「成金」ではなく真のお金持ちである「資産家」になるための鉄則を解説します。

 

資産家になるには消費を先送りにすること

ビジネスでうまくいったり、臨時収入が入ったりすると、どうしてもそのお金を今まで欲しかったものに使いがちです。

 

なぜ日本人は勤勉と評されながらもお金が貯まらないのでしょうか。

また、なぜ資産家といわれる人が周りにはいないのでしょうか。

 

答えは非常に簡単です。

貯まる前に使ってしまうから。

 

ではどうすれば資産家への一歩を踏めるかというと、

使わずに再投資することです。

 

ビジネスならビジネスに再投資、資産運用なら資産運用に再投資(複利運用)です。

 

もちろん自分が目標とする資産額まで到達したと思ったら存分に使って良いのですが、多くの人が到達するまでに使ってしまいます。

 

例えば自分をやる気にさせるために、ご褒美で高価な物を購入したり、あえて身の丈に合わない賃貸に住み始めるという話はよく芸人の話で聞きますが、それは危険です。

 

特殊な成功事例に感銘を受けて真似をしてしまうとたいてい痛い目に合ってしまいます。

 

何事においても、センスがある人や、圧倒的な努力が出来る人、これまでの経験が圧倒的な人は成功する可能性が高かったりしますが、多くの人は凡人です。

 

勘違いから起こる悲劇

一部の成功事例を、あたかも自分でも出来ると勘違いしてしまう方を何人も見てきました。

 

例えば、4年前に出会った方で、ネットワークビジネスに熱心な若者がいました。

メンターに言われたのか何なのかわかりませんが、金色の高そうな時計を付け、3ピースのオーダースーツ、そしてご飯をご馳走するという行動をしていました。

 

しかしその方は借金をしている方で、それらの振る舞いも収入から支払っているものではなく借り入れしたお金から支出しているものでした。

 

自己ブランディングという意味では間違ってはいない行動かもしれませんが、自己ブランディングは簡単に見抜かれてしまいますから、それが効果的であるかというと、決してそうではありません。

 

その方は結局、ネットワークビジネスを辞めてしまい、借金だけが残る形となりました。

このように、背伸びをするとほとんどの人がそうなります。

 

0からのスタートをするというよりも、マイナスからのスタートをしていることに気づいていないんですね。

 

情報商材や詐欺商材・詐欺コンサルを扱っている人は、お金を持っていないカモに対して、借金をさせてでも自分が売りたいものを売ります。

 

ネットワークビジネスでも同様に卑劣な洗脳をする人もいます。

必要な自己投資だとして自分の限界以上のものを買わせたりします。

 

自己投資が大事だとか、覚悟が大事だとか言いますが、それでうまくいく人の確率を隠して、とりあえず金をむしり取りたいという気持ちがそうさせてしまいます。

 

まともな人ならそんなことはさせずに「まずは貯金した方がいいんじゃないですか?」と当たり前のことを言うはずです。

 

途中で叶う小さな夢は、自分の足を引っ張る足かせになる

逆に、身なりは不潔にならない程度でまとめて、欲しいものは「いつか手に入れてやる」という気持ちで、リストを作るなりしてお預けにしておけばいいんですよ。

 

それを叶えるために、それが原動力となり行動に反映されていくのです。

 

反骨精神とか、雑草魂とか、色々と言葉がありますが、それらの泥臭い精神が最終的には一気に花開くといった感じです。

 

途中で叶えていく小さな夢は、自分の足を引っ張る足かせになってしまいます。

 

例えば、今晩ミシュランのお店にディナーに行く予定があるにも関わらず、間食をしてお腹を満たしてしまって、夜の食事がそこまで美味しく感じなかったという話。

 

お腹を減らしていけば、元々の味にプラスされた感動を味わえるはずです。

 

途中に現れる誘惑を我慢し、最後のご褒美にありつくことに専念すれば、最高のご褒美が待っています。

 

例えば、こんな状況を想像してみてください。

500万円で始めた資産運用が10年かけて順調に1000万円に育った、

このお金、少し使いたいと思いませんか?

 

正直、筆者でも使いたいと思います。

というより、ぶっちゃけ少しは使うと思います。

 

ですがそれが甘い罠なんですね。

目指している金額は1000万円ですか?

それとも2億円ですか?

 

2億を目指しているなら消費している場合ではないですよね。

高みを目指すと「こんなところで足踏みしてらんない」と脇目を振らなくなりますので、誘惑に負けそうな時は自分が目指しているところを再確認してみてください。

 

不可抗力的に発生する目標達成などは仕方ありませんが、自分へのご褒美的なもの、コントロール出来るものは控えた方が成長の邪魔になりませんね。

 

美味しいものは最後にとっておくという気持ちが資産家にはぴったりですね。

 

再投資の成功事例

2021年の米国経済誌フォーブスにて発表された世界長者番付で4年連続1位となった、アマゾン創業者のジェフ・ベゾスの成功事例をシェアします。

 

アマゾンは、20年以上もの期間、損益は赤字でした。

これは業績が悪いというわけではなく、わざとそうさせていたんです。

売上高はどんどん上がっているにもかかわらず赤字、このカラクリは、常に利益を再投資してきたことにあります。

下記はAmazonの経営指標のグラフです。

右肩上がりの黒線が「売上」、横ばいの黄線が「利益」です。

ここまで徹底出来るのはすごいことですよね。

 

普通の人なら、早々に利益確定してしまいそうです。

このジェフ・ベゾスは、長期的な戦略をビジョンとして設定していたからこそこのようなことが出来たんですね。

 

早々に利益確定して喜ぶのではなく、いろんなジャンルに投資し、企業の地盤を固め続けようやく花咲いた状態です。

 

こんなアマゾンですら、当初は利益が出ない会社だとバカにされ続けてきたそうです。

再投資が成功の秘訣だということが一目でわかる話でした。

 

こんな人が1億持っていた?

筆者の先輩コンサルタントから聞いたお話です。

お客様のお家に上がった際、4畳半のボロアパートだったそうです。

失礼な話「とてもお金を持っているとは思えなかった」そうなんですが、蓋を開けたら1億以上の資産を持っていたそうです。

 

この人はおそらく、住んでる場所で資産をある程度見積もられ、バカにされたこともあるでしょうが、そういう他人の視線は一切気にせず、再投資をし続けた結果が1億以上の資産額だったのでしょうね。

 

筆者の周りのよく遊ぶ人も、億以上の資産を持っているけど見た目は金持ち感はそこまで出ていません。

 

また、アメリカの用務員のロナルド・リード氏(享年92歳)が亡くなった時に明らかになった資産額が9億円だったそうです。

彼は給与からコツコツ株を買い、配当が出たらさらに株を買ってここまで築いたそうです。

 

当たり前のことを継続してやることがどれだけ難しいのかと思わされますよね。

 

こんなことで億万長者になれるんです。

 

ですがみんな億万長者になれないんです。

その前に使っちゃうんです。

 

ビジネスで成功するよりも資産家になろう

はっきり言ってビジネスで成功するのはめちゃくちゃ難しいですよね。

誰しもが世の中で活躍する経営者になれません。

 

経営者になるには相当なメンタルを持ちながらリスクを背青い、そして孤独感もあるかもしれません。

このブログを読んでくださっている方は、最近は事業主・経営者の方が多くなってきています。

その大変さを聞く機会が多くなり、本当に世の中の経営者ってすごいんだと思わされることばかりです。

 

でも前述したように、コツコツ再投資することで誰でも資産家になれるわけです。

そのために必要なのは、しっかりとした目標金額です。

 

それがしっかりと定まっていれば、ある程度は逆算できますし、寄り道も少しは軽減出来ます。

 

完全にお楽しみがなく一直線で走り抜けることが理想ではありますが、そこまで圧倒的に行動できる人はすでに成功しているでしょう。

 

ですので最初のうちは、少しずつ変えていってみてはいかがでしょうか。

筆者は2億円を目標に頑張りたいと思います。

それでは最後まで読んでいただいてありがとうございました。

 

複利運用に関する記事はこちらからご覧いただけます。

運営者:さかしん
 

元・県庁職員

オフショア資産保全の預金利息とポイント活動で愛猫とゆるく生活中。

副業・資産運用歴16年の34歳。

・2000万円問題で将来不安が大きい
・資産運用は必要不可欠だと感じる
・でもリスクを負いたくないし、、
・何が危険で何が安全か分からない

そんな「最初の一歩の踏み出し方が分からない方」に向けて「色んな人に騙されて来た筆者」が赤裸々に、ド直球に発信・表現しています。

公式LINEでコラムを配信中!
友だち追加

ランキング登録中です。
記事内容に気に入っていただけたら
1クリックで応援お願いします。
にほんブログ村 その他生活ブログ マネー(お金)へ