【資産運用】騙されてはいけない不動産投資

2019年10月19日不動産投資

みなさんいつもお読みいただきありがとうございます。

近々マレーシア移住を目論んでいるsakamotoです。

海外のオフショア口座で資産運用・資産保全をし利子配当と家賃収入とポイントだけで生活することを目指しています。

今日は「【資産運用】騙されてはいけない不動産投資」と題して記事を書きましたのでぜひご覧いただけたら幸いです。


スポンサーリンク

新築ワンルーム業界は完全にブラック

不動産業界はとてもダークな一面をもった業界です。
不動産販売業者がお客様をカモにしているからです。
特に新築ワンルーム業者にはご用心

【理由】
①「節税出来ます」と謳って年収4-500万円のサラリーマンにマンション売りつける業者が多いですが、そのくらいの年収では節税効果はほとんどありません。
むしろほんの少しの節税と引き換えに多額の現金が失われます。

②「保険代わりにもなるので生命保険だと思ってやりましょう」という業者がありますが、保険なら普通の保険屋さんで生保入れば良いだけ
何千万円もする不動産を購入する目的が保険?おかしいですよね。

 

新築ワンルームは圧倒的に利回りがマイナス!

理由①②ともに、不動産投資のメリットでいうとオマケのオマケの部分でしかありません。

ではなぜ新築ワンルーム業者はそこを推してくるのでしょうか。
じつは、そこしか推せるポイントがないんです。

新築プレミアムといって、新築には業者の利益がたんまりと乗っけられております。

実に500~1,000万円以上の金額が建物価格に上乗せされて販売されています。
こんなんでプラス収支なんて達成できることはあり得ません。

つまり利益は出ないんです。むしろ年間40万円以上の赤字になり、それがローンの支払いが終わるまで続き、生活が困窮します。

 

不動産「投資」なんだからマイナス収支はナンセンス!

不動産「投資」と呼ぶんですから、お金を得てナンボの世界なのに、「節税」「保険」など、違う目的をお客様に幻想のように見せ、購入して1~2年後にお客様がその幻想が幻想であったことに気づきます。
せめてトントンで保有しないと、破綻します。

僕の知る限り、95パーセントくらいの不動産業者はそういった業者だと思って間違いないです。

一部上場している不動産販売業者も同様にサラリーマンをカモにしてます。

周りで購入を考えている方がおりましたら、ひと声かけてあげてください。

 

一流を目指す大人たちのオンラインサロン運営中!

経済的な自由、仲間が欲しい方はご連絡ください。

↓  ↓  ↓

経済的自由と仲間を手に入れよう

公式LINEにてブログ更新通知・限定イベント告知・お得な情報を流します。無料ですから登録しておいて損はありません。

↓  ↓  ↓

友だち追加

ランキング登録中です。
記事の内容に気に入っていただけたら1クリックで応援お願いします。
 

↓  ↓  ↓

にほんブログ村 その他生活ブログ マネー(お金)へ