オフショアに関するおすすめ本(書籍)

2020年5月17日資産運用

 

「オフショアに興味はある、だけどどういう本を読めばいいのかわからない」

という方は多くいらっしゃいます。

 

そんな方におすすめの本をご紹介します。

 

ここでご紹介する本を参考にしてオフショアについて勉強しましょう。

 

 

億万長者だけが知っている雨の日の傘の借り方

 

書籍のタイトルと絵が渋いですよね。

 

雨の日の傘の借り方とは、銀行を皮肉った表現から由来していると思われます。

 

銀行を舞台にした人気ドラマ・半沢直樹でも引用がありました。

 

「銀行は雨の日に傘を取り上げ、晴れの日に傘を貸す」

 

人気ドラマ・半沢直樹の中に、

「銀行は雨の日に傘を取り上げ、晴れの日に傘を貸す」

というセリフがあったことを覚えていますか?

 

企業の経営が安定し好調の時はどんどん融資してくれるのに、

経営が苦境になり資金が必要な時には資金を回収しようとするという意味です。

 

銀行は慈善事業ではありませんので致し方ないスタンスだとは思います。

 

それを揶揄して、

「雨の日でもちゃんと傘を借りることができるようになれるよ」

と伝えたい訳ですね。

 

 

「億万長者だけが知っている雨の日の傘の借り方」の内容

 

この本は、オーレンロースという著者がオフショアについて初心者向けに書いた本です。

 

とにかく分かりやすいです。

 

好奇心旺盛な方はサクサク進むと思います。

 

内容を全て明かす訳にはいきませんので書けませんが、

手堅い資産運用・資産保全を考えている人には必携の本かと思います。

 

「1つの国と心中をするな」

 

これが重要な部分だと思います。

 

というのも私の人生を大きく変えてくれた資産家の方がこの本をオススメしてくれました。

 

「分からないんだからとりあえずはオススメしているモノを見てみよう」と1歩踏み出すのが大事です。

 

それがなかったら今も昔と状況は変わらず、

資産が増えたり減ったりのマネーゲーム地獄にハマり、

いまだ苦悩していたと思います。

 

 

お金持ちになった後のことを考える良い機会となります。

 

極論を言うと、この本を読むとお金持ちになれます。

 

(正確に言うと、読み、理解し、実践するとお金持ちになれます。)

 

読者の皆様は「お金持ちになった後」何をしたいですか?

 

どんな人生を送ることが1番幸せだと考えていますか?

 

人生の目標は何ですか?

 

1つの答えは、この著者が考える答えです。

 

それはこの本を読んでみるとわかります。

 

カフェ会でこの本を使っていろいろとお話できますので、

カフェ会参加者の方にはこの著者の答えをシェアしたいと思います。

 

この命題を自分の中ではっきりさせておかないと、

高確率で資産運用につまづきます。

 

目的地・目標達成地点が明確にされていないと、

どこに向かっていいかわからなくなりますし、

そもそもスタートを切れませんからね。

 

 

なぜそこまでお金持ちになることをこだわるのかを考えるきっかけとなります。

 

お金は所詮は道具です。

 

その物だけでは 何の意味もありません。

 

そして、使い古された言葉ですが、

お金で人の幸せすべてを買えるわけではありませんが、

お金がないと不幸になると思うんですよね。

 

言い方を変えるならば、

不幸の大半はお金で解決できる。

 

それに、不幸ともいかないけれども、

ここぞという時にお金が無くて

新しいことが出来ず、指をくわえてチャンスを逃してしまった

という後悔はしたくないですよね。

 

病気に関してだったり、冠婚葬祭ごともそうですよね。

 

世の中、いつ何時何が起こるかわからないです。

 

そんな時に、手も足も出ないような事態は避けたい。

 

ましてや、

それが「お金が無いから」 という

たったそれだけの理由にはしたくないですよね。

悔しいですよね。

 

生きていく上ではとても必要な物。

その必要な物のために自分の人生を振り回されたくない。

 

それを成し遂げるにはお金に振り回されないだけのお金が絶対に必要です。

 

それを達成できる最も効率的なことが資産運用を学び、

資産を保全する手段を得て、実践することです。

 

お金をたくさん持つ・持ちたい理由は、

 

人生をお金のために捧げる事なく自分の思うように生きて行きたい

 

ただそれだけです。

 

「雨の日の傘の借り方」の一節にこういった言葉があります。

 

先のことはまったくわからない人生において、

唯一誇れるのは、

自分の人生においてけっして妥協しなかった、

お金のために人生を売り飛ばさなかったという

わずかな思いだけではないでしょうか。

 

とあります。

 

サラリーマンとは、給料生活者のことです。

 

お金をもらうために一生懸命に時間と体を酷使しています。

 

ですので、サラリーマンである方は、

今現在、お金に人生を捧げていることになります。

(厳密にいうと、8時間労働なので人生の3分の1をお金に捧げています。)

 

ある程度まで働くこともいいとは思いますが、

定年延長され、70歳、75歳など、

そこまで働かなければならない状況には誰もがなりたくないと思います。

 

お金の奴隷になることは止めましょう。

 

そのためにも、しっかりとお金を持ちましょう。

 

 

「億万長者だけが知っている雨の日の傘の借り方」値段が高騰

 

ちなみに、筆者が人とお会いして、

何か参考になる本とかあるかを聞かれた時にこの本をオススメしていたのですが、

みなさん目の前でAmazonでポチりだして、即買いされます。

 

この本は絶版で、筆者がAmazonで買った時は中古で150円で買えました。

 

今は、私が勧めすぎたせいなのか、

本当にみなさんがたくさん購入して在庫薄のようで値段が中古でも

1,000円くらいになってしまってます。

 

(これは私がたくさん買い占めておけば値段がさらに高騰しますね。。。どのくらいの量が市場に出ているかが鍵ですが。)

 

これは非常に分かりやすく書かれた本で、

断捨離して本を持たないことを決めている筆者もこの本だけは大切に持っております。

 

正しい判断を自分自身でするためにも、

これから行うことについて勉強しておくようにしましょう。

 

それでは最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

 

運営者:さかしん
 

元・県庁職員
 

オフショア資産運用で預金利息をもらい
 

愛猫とゆるーく生活しています。
 

副業歴16年・資産運用歴10年の34歳です。
 

将来が不安!資産運用しなきゃ!
でもリスクもあるだろうし、
そもそも何をやれば良いのかが分からない、、、
 

そんな「過去の自分」へ向けたブログです。

友だち追加

ランキング登録中です。
記事内容に気に入っていただけたら
1クリックで応援お願いします。
にほんブログ村 その他生活ブログ マネー(お金)へ

スポンサーリンク