オフショア信託口座からの受取利息の活用事例

資産運用

みなさんいつもお読みいただきありがとうございます。

近々マレーシア移住を目論んでいるsakamotoです。

海外のオフショア口座で資産運用・資産保全をし利子配当と家賃収入で生活することを目指しています。

オフショアに関するカフェ会

毎週日曜日に開催しています。

ブログでは書けないこともお伝えします。

詳細に関する記事はこちら→

https://spulsllc.com/cafekai/

お申し込みはこちらから→

http://bit.ly/2PBfuOc

 

資産運用の基礎を学ぶマネーセミナー

マネーセミナーの詳細はこちら→

https://spulsllc.com/moneyseminar/

マネーセミナーのお申し込みはこちらから→

http://bit.ly/35EJvjs

順序が違うだけで結果が大きく異なることはたくさんあります。

 

例えば、免許を持っていないのに車を運転。

 

これはそもそも犯罪になりますし、操作技能も身についていません。

内輪差とか絶対にわかりませんよね。

 

物事には、あるべき順番というのが存在します。

 

それは、車の運転免許であれば法律で順序が決まっていますが、

全てのことに法律で順番が決められているものではありません。

 

今回は、信託口座から受け取る利息を、どのように利活用できるか、

事例をいくつか挙げて順序が異なるだけでどれだけ大きな差が出るか、

をご紹介したいと思います。

 

お金を生み出す絶対に割れないコップ(本ブログではオフショア信託口座を指します)を所有する前と後で、

どれだけ異なるかを検証します。

 

スポンサーリンク

車・不動産をローンで購入

車や不動産など、ローンを活用できる買い物で考えてみましょう。

 

今回は車を購入するケースで順序を比較してみましょう。

大前提として、賢い買い方はローンでの購入です。

 

なぜなら、現金で購入してしまうと、

資産運用をする原資がなくなってしまうからです。

 

カーローン金利が年間3%であったとしても、

本来の購入資金を資産運用で年間8%を達成できれば、

金利差は5%。

 

ローンで買った方が圧倒的に有利です。

 

ローン = 悪

という先入観・固定観念は日本人の凝り固まった、それこそ悪い考え方です。

 

現金で一括購入をしてしまうと、

これまで貯めたお金がすっからかん。

 

また一から貯め直さなければなりません。

 

お金を生み出すコップがない場合

 

500万円の車を金利3%、10年ローンで購入したとします。

毎月の返済金額は4万8280円。約5万円です。

貯金は0円です。

 

お金を生み出すコップがない場合は、

給料から毎月5万円を捻出しなければなりません。

 

毎月の給料から5万円も引かれるのは大分辛いですよね。

 

これでは返済だけで手一杯で貯金なんて出来ませんから、

10年間、無一文が約束されます。

 

 

お金を生み出すコップがある場合

同じ条件で

500万円の車を金利3%、10年ローンで購入したとします。

毎月の返済金額は4万8280円。約5万円です。

 

では今度は、年間金利8%の利息を生み出すコップを所有していたとしましょう。

 

500万円を預金している場合、年間で40万円の利息収入です。

カーローンの返済は年間で579,360円です。

 

受取利息をカーローン返済に全額充てると、

差し引き179,360円です。

 

ひと月で割ると月14,946円、つまり約15,000円の支出のみで

500万円の車を購入できます。

 

これなら毎月貯金も出来ますよね。

 

10年間に直すと、支出金額は1,793,600円です。

 

200万円しないお金を負担するだけで500万円の車を手にすることができます。

 

そして、500万円の預金元金はそのまま残ったままです。

 

10年間の支払いが完了したら、

その後は利息をただただ受け取り続けるだけです。

 

そして10年間貯金してきた上乗せ分も含め、

500万円以上の資産がある状況から、

貯金を再スタートすることが出来ます。

 

先にコップを持つかどうかで、資産状況が大きく異なりますね。

旅をする

旅行も貯金を切り崩して行くことが多いですよね。

私も旅行は好きなので、よく行きます。

 

1年に1度か2度、リフレッシュのために行く人が多く、

「旅行のためにお金を貯める」

という人はとにかく多いですよね。

 

ですが、この様なお金の貯め方では、

旅行にお金を使ったら、

一度貯金がリセットされてまた翌年の旅行のために

お金を0から貯めなければなりません。

 

これではいつになっても豊かにはなりませんよね。

 

コップを手に入れて、利息のお金だけで旅行に行けたらどうでしょう。

 

500万円預金して、年間40万円の利息をもらう。

 

その40万円で旅行をすれば、貯金には手をつけずに済みます。

 

それどころか、翌年はまた40万円の利息が生まれます。

 

それとは別に貯金もできるはずですから、

翌年には元金を100万円を上乗せして、

利息を48万円の利息を受け取ることが可能となり、

今度はビジネスクラスで移動できるかもしれません。

 

まずは先にコップを持つ。

 

そうしないと、いつまでたっても豊かにはなれません。

 

月額制会員・積立などをする

コップがない状態で月額制会員となったらどうでしょう。

 

小さい金額から言うと、

・ケータイのオプション

・HuluやNetflixなどの動画配信サービス

などの数百円〜数千円の月額サービス。

 

大きい金額で言うと、

・AGA治療

・習い事

などの数万円の月額サービス

 

毎月お金を生み出すコップがないと、

自分のなけなしの給料から、

毎月そのお金を捻出しなければなりません。

 

そうなってしまえば貯金に回すお金は無くなります。

 

積立の資産運用などもそうです。

お金に余裕のない人は、

積立なんてやってはいけません。

 

月1〜3万円くらいの強制積立で、賢い資産運用!

 

などと言われると、

 

「これなら私にもできる!ようやく見つけた私にぴったりの賢い資産運用!!!」

 

と簡単に勘違いして始める人が後を絶ちません。

 

実際は、2年と経たずに家計が苦しくなり、解約する人が大多数です。

 

そもそも家計のやりくりが苦手な人がそんなことをやってしまったら、

ますます自分の首を締めるだけです。

 

とにもかくにも、貯金が出来る人にならないと始まりません。

 

やるにしても、まず先に十分に貯金できている人になる体質改善をしないといけません。

 

小手先・テクニックだけで資産を構築・保全することは不可能です。

 

地盤、基礎、本質を徹底的に改善しないことには成功はありません。

 

もちろん、これだけは譲れない、

という趣味などがあればそれに費やすのはアリです。

 

ただ、何でもかんでも良いもの、環境、サービスを享受するために、

お金を垂れ流すという状態は極めて残念な状態です。

 

人は人、自分は自分。

 

じゃあ先にお金を生み出すコップを持っていたとしたら?

 

オフショア信託口座で、1,000万円の預金をし、

毎月10万円の利息を受け取っていたら、

月額サービス・会員なんてお釣りが来るくらい楽しめますよね。

 

そしてそのお釣りは次への貯蓄に繋がりますから、

全然資産は減らないどころか、増え続けます。

 

 

海外移住をする

よく、定年退職をしたら海外に移住をしたいと言う人がいます。

 

そういった方は、

退職金を切り崩していく生活スタイルしか想定してません。

 

いくら退職金があったとしても、

いくら物価が安い国に移住したとしても、

 

急な出費もあるかもしれない、

物価が上昇していくかもしれない、

さらに寿命は引き伸ばされている。

 

そんな不確定要素が満載の状況で、

貯金を食いつぶすことだけで海外移住なんて出来るでしょうか。

 

はっきりいって、読みや考えが甘すぎるとしか言えません。

 

まずは盤石な資産運用状況を作り上げることを済ませていなければなりません。

 

自分が引退したとしても、

お金にはずっと働いてもらうことは続けないといけません。

 

お金にずっと働いてもらうということは、

投資であってはいけません。

 

投資はお金を失うリスクをはらんでいます。

 

勝ち続ける投資は存在しません。

 

富裕層がどうやって資産を増やしているか、

それは投資ではありません。

 

お金持ちはお金を失う可能性のある選択肢を選びません。

 

しっかりと法律で元金が守られている口座で資産を保全しています。

 

それが全世界の約6割のお金が集中しているオフショアであり、

もっとも安全度の高い資産運用・資産保全方法なのです。

 

 

目標金額に到達するまで最短最速で複利運用をする

車・旅行・月額サービスなどの事例を挙げてお話ししましたが、

本来あるべき姿、大正解な選択肢は、

 

目標金額に達するまでは最優先で複利運用をする

 

これが最も賢い順序の選択です。

 

月3万円の利息をもらっていたとして、

そのお金をあてにして毎月3万円の月額サービスを楽しんでしまったら、

 

預金は元金のままで一向に増えませんよね。

 

本来は、利息には手を付けず、自分が目標とする金額までは

我慢して使わず、徹底して複利運用をすることが正解です。

 

全く手を付けず、利息だけで元金上乗せをしていくと、

だいたい8年ほどで元金は当初の2倍にまで膨らみます。

 

わからない方は、ぜひ72の法則の記事を読んで下さい。

 

 

 

これに加えて、ボーナスや日頃の節約から捻出したお金を、

日本国内から援護射撃という形で元金に積み増ししていくと、

当然ですが8年よりももっと早く元金は2倍になります。

 

こうやって最速・最短で積み増しをしていき、

目標金額を5000万円としたとしましょう。

 

5000万円まで元金を膨らませることが出来れば、

もらえる利息はおよそ毎月50万円です。

 

年間に直すとおよそ600万円。

 

日本の平均給与を軽く超えますよね。

 

これに日頃の給料を加えると?

 

人によっては100万円になるかもしれません。

 

もはや仕事を辞めても困らない状態に持っていくことができます。

 

なので、好きでもない仕事に就いている。

早く仕事を辞めて自由になりたい。

 

と考えている人は、

贅沢にはわき目も振らず、

とにかく貯金・元金上乗せを頑張ることをオススメします。

 

しかし、そんな我慢強くいくのもストレスが溜まるので、

多少の息抜きや贅沢は全然アリだと思います。

 

また自己投資として、学びや経験を得るためにお金を使うなら

それは自分へレバレッジがかかるので非常に有意義なお金の使い方にもなります。

 

私はよく友人との美味しいご飯やお酒を楽しむ機会にお金を使うので、

その際は結構ご馳走したりしています。

 

その分、いろんな人の話が聞けて、

学びと楽しさをいただけるので非常に有意義にお金を使っていると感じています。

 

【まとめ】いかに資産を減らさず生活するか

豊かになることの絶対条件は

いかに資産を減らさず生活をするか

です。

 

資産運用は、利率(%)で運用をしますので、

元金が多ければ多いほどその効果は高まります。

 

現金主義で一括購入した場合、資産は一気に減り、

資産運用をしたとしてもちょっとしか増えません。

 

いかに資産を減らさず生活をするか

 

という、言われてみると当たり前のような課題も、

みんな間違った消費活動をして

「お金がない」

「いつになってもお金が貯まらない」

と嘆いているんですね。

 

不思議ですが、

みんなその状態が正常だと思っているんです。

 

そしてその状態をみんな甘んじて受け入れて認めているのです。

 

はっきりと言いますが、

これまでお金が貯まらなかった人は、

これからも貯まりません。

対して、

これまでお金が増え続けている人は、

これからもお金が増え続けます。

 

それが資本主義です。

 

ですが、みんなこのことには気づきません。

「きっと来年こそは」

と思っている人は、何を根拠にそう言っているのでしょうか。

 

「この投資案件を来年仕掛ける〜」

とか、これまでと同じレベル感で小手先で

扱うものを変えても結果は同じです。

 

現状を変えるには、行動を変えなければなりません。

行動を変えるには、考え方を変えなければなりません。

考え方を変えるには、どんな考え方があるのか、学ばなければなりません。

その学びは、私であったらカフェ会、マネーセミナーでお伝えしています。

 

いずれにしても、自分の身は自分で守る、自分の人生は自分で決める。

責任も義務も権利も、全て自分が持っています。

 

他人任せ、他人のせいにする人生選びは辞めにして、

さっさと自由になりましょう。

 

それでは最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

 

 

一流を目指す大人たちのオンラインサロン運営中!

経済的な自由、仲間が欲しい方はご連絡ください。

↓  ↓  ↓

経済的自由と仲間を手に入れよう

公式LINEにてブログ更新通知・限定イベント告知・お得な情報を流します。無料ですから登録しておいて損はありません。

↓  ↓  ↓

友だち追加

ランキング登録中です。
記事の内容に気に入っていただけたら1クリックで応援お願いします。
 

↓  ↓  ↓

にほんブログ村 その他生活ブログ マネー(お金)へ