【インタビュー】ミニマリストにミニマル生活の極意を聞きました。

2020年5月17日ライフハック

みなさんいつもお読みいただきありがとうございます。

近々マレーシア移住を目論んでいるsakamotoです。

海外のオフショア口座で資産運用・資産保全をし利子配当と家賃収入で生活することを目指しています。

オフショアに関するカフェ会

毎週日曜日に開催しています。

ブログでは書けないこともお伝えします。

詳細に関する記事はこちら→

https://spulsllc.com/cafekai/

お申し込みはこちらから→

http://bit.ly/2PBfuOc

 

資産運用の基礎を学ぶマネーセミナー

マネーセミナーの詳細はこちら→

https://spulsllc.com/moneyseminar/

マネーセミナーのお申し込みはこちらから→

http://bit.ly/35EJvjs

ミニマリストとは?

 

 

ミニマリストとは、

持ち物をできるだけ減らし、
必要最小限の物だけで暮らす人のことを指します。

 

自分にとって本当に必要な物だけを持つことで

かえって豊かに生きられるという考え方ですね。

 

ミニマリストの語源は、
「最小限の」
という意味のミニマルから派生した造語です。

 

 

2010年前後から海外で使われるようになり、

その後日本でも広まりました。

必要な物だけを持つミニマリストの思想は、

 

10年頃から流行した整理法

「断捨離(だんしゃり)」

などにも通じる考え方です。

 

 

ミニマリストに聞いたミニマル生活の極意

 

筆者が友人と飲んでいた時、

友人がテレビが家にないということを聞き、

きっとシンプルな生活をしているんだなと思ってたのですが、

話を聞いていくうちに、どうやら本当に部屋にモノがないようで、

 

「これはきっとミニマリストだ!」

 

と感じ極意や部屋の写真を撮ってもらうことをお願いしました。

 

そしたら本当にミニマル生活を送っていたので、

快諾いただき今回みなさんにミニマル生活の極意をシェアをしたいと思います。

 

ミニマリストのお部屋公開!

 

まずは友人宅の画像を公開します。

あるのは机、イス、布団、PC、植物

 

ものすごくスッキリしてますよね。

 

憧れます。

 

余計なものが一切ないお部屋。

 

作業に集中できそうです。

 

 

クローゼットです。

 

リビングに何もないからクローゼットにたくさん押し込んでいるかなと思いきや、

 

全然そんなことはなく、

こちらも非常にスッキリしてます。

 

 

ミニマリストに聞いたミニマル生活の極意!

床に物を置かないと決める。

片付け上手な人は床に物を置かない

というルールを徹底している方が多いですよね。

 

床に物がないとそれだけで部屋がスッキリして見えますよね。

友人はまさにそれでした。

 

物を減らす。

捨てることがこんなに苦しい事だと分かるので、

2度と余計な物を買わなくなります。

 

これは衝動買いや浪費が改善される効果がありますから、

お金の節約にも繋がります。

 

それと、物が少ないと管理が楽なので、

これがクセになるし、

時間が浮きを未来の自分のために使えることに繋がります。

 

物が少なければ、

引っ越しに時間とコストがかかりません。

 

極端な話、自分の洋服が数着だけなら、

実家に緊急避難もすぐにできるし、

タクシーだけで引っ越しが可能となります。

 

消耗品のストックは持たない。

消耗品がセールで安くなっている時は、

ストック分として余計に買う事はしない。

 

必要な時に買うし、必要なければ買わない。

 

ストックの置き場所を確保する必要がでてきますから、

 

部屋のスペースを確保する必要が出てきてしまいます。

 

消耗品は、必ず月初にまとめて買う。

月初に買っておけば、

月末までに使える金額が一目瞭然なので、

管理しやすいですよね。

 

そして、

締め日は給料日ではなくて、月末に設定する。

 

給料日は土日のせいでズレるので、

月末の方が支出管理がしやすい。

 

本は読んだらメルカリで売る。

今の時代、情報はあっという間に劣化するので、

長く古い本を持っていても価値はない。

 

再度欲しくなったら、買い直せばいい。

 

本を置くスペースも確保しなければならないので、

情報をインプットしたら本は手放すという考えですね。

 

物が少ない=狭い物件でも苦にならない。

友人宅の部屋を見てわかる通り、

もっと狭くても十分に快適に暮らせますよね。

 

物が少なければ圧迫感がないので、10m2〜15m2でも暮らせます。

 

家計簿はつけない。

作業が面倒なため家計簿はつけないこと。

 

家計簿はつけないけど、月間で使う金額はしっかりと固定し、

把握して、その金額以内におさめるようにする。

 

クレジットカードを使ったら、その使用金額を財布から抜き取り、財布とは別で保管しておく。

クレカを使うとその瞬間は財布からはお金が出ないので、

お金がまだあると錯覚してしまいます。

 

なので使った分を別管理で来るべき支払いのためにとっておく。

 

基本的にポイントカードは作らず、よく行く店のみ1枚〜3枚保有する。

ポイントカードってあれば便利ですが、

ありすぎると生活が煩雑になりますよね。

 

よく行く店だけ限定して保有することで、

財布の中身もスッキリします。

 

1都3県であれば、車は極力手放す。

車両購入代金はもちろんですが、

駐車場代やコインパーキング、

車検、タイヤ、洗車、ガソリン代など、

常に車にはコストがかかります。

 

そして、給油や洗車など、

意外と時間もかかっています。

 

1都3県は電車が充実していますから、

それで十分事足りますよね。

 

任意の健康保険は全て解約する。

その代わり、掛け捨ての2,000円〜3,000円/月の死亡保険だけ加入する。

 

これだけで十分ですからね5,000円以上保険に使っている人は払い過ぎですね。

 

保険料節約なら、保険見直しラボで無料相談!

 

がん保険はやめる。

通常は社会保険があるし、高額療養費制度があるので、不安になることはない。

 

大体は保険のセールスマンに不安を煽られて加入するのががん保険です。

 

また、

がん保険の総支払い金額保険会社からもらえる保険金の金額はほとんど一緒なので、

自分で貯蓄しておく方が、

がん以外にも使えるし有効活用できます

 

保険相談で【全員に】ダロワイヨのマカロンを♪

 

ミニマル生活は特に女性にオススメ。

物がなければ、狭くても、

駅近の築浅のセキュリティがしっかりしたオシャレな物件

も選べます。

 

駅近であれば、

夜道の安全性も高いため非常におすすめです。

 

通勤時間の節約にも繋がりますね。

 

 

ミニマリストとしてミニマル生活を送るメリット

ミニマリストとしてミニマル生活を送ると、

ざっと考え付くだけで以下のようなメリットがあります。

 

・部屋がキレイになるため急な来客にも対応が可能

・無駄使いしなくなるため、貯蓄に回せる or 趣味に費やせる

・本当に必要な物だけを残すことにより、自分のアイデンティティを明確にすることができる

・たった数着の服でもその分良いものが着れる

・ライフスタイルが確立されており、自立した大人として自信を持つことができる

・所有物が少ないため、フットワークが軽くなる

 

モノを減らすと、そもそも片付ける必要がなくなります。

 

つまり、片付けをしなくていいことになります。

 

これ最強ですよね。

 

片付けのストレスから解放されます。

 

そもそもそういう当たり前の環境から抜け出すことができるのが

ミニマル生活というライフスタイルとなります。

 

 

まとめ

いかがでしたでしょうか。

今回は「【インタビュー】ミニマリストにミニマル生活の極意を聞きました。」

と題して記事を書きました。

 

友人は浮いた時間で趣味の料理や読書を楽しんでいるそうです。

 

みなさんもミニマル生活をしてみたくなったのではないでしょうか。

 

シンプルな生活は節約・貯金も可能にします。

 

資産運用を考えている方で、

元手がないと嘆いている方はぜひ実践してみてください。

 

驚くほどお金が貯まっていきますよ。

 

今後もミニマル生活に関しての情報をシェアしていきたいと思います。

 

最後までご覧いただきましてありがとうございました。

 

 

 

運営者:さかしん
 

元・県庁職員

オフショア資産保全の預金利息とポイント活動で愛猫とゆるく生活中。

副業・資産運用歴16年の34歳。

・2000万円問題で将来不安が大きい
・資産運用は必要不可欠だと感じる
・でもリスクを負いたくないし、、
・何が危険で何が安全か分からない

そんな「最初の一歩の踏み出し方が分からない方」に向けて「色んな人に騙されて来た筆者」が赤裸々に、ド直球に発信・表現しています。

公式LINEでコラムを配信中!
友だち追加

ランキング登録中です。
記事内容に気に入っていただけたら
1クリックで応援お願いします。
にほんブログ村 その他生活ブログ マネー(お金)へ