【ミニマル生活】手ぶら通勤で身軽な節約生活

2020年5月19日ライフハック

みなさんいつもお読みいただきありがとうございます。

近々マレーシア移住を目論んでいるsakamotoです。

海外のオフショア口座で資産運用・資産保全をし利子配当と家賃収入で生活することを目指しています。


オフショア資産運用に関して理解していくためのフロー

オフショア資産運用を順序よく理解できるフローを以下にまとめました。

https://spulsllc.com/offshore-15/

 

オフショアに関するカフェ会

毎週日曜日に開催しています。

ブログでは書けないこともお伝えします。

詳細に関する記事はこちら→

https://spulsllc.com/cafekai/

お申し込みはこちらから→

http://bit.ly/2PBfuOc

 

資産運用の基礎を学ぶマネーセミナー


マネーセミナーの詳細はこちら→

https://spulsllc.com/moneyseminar/

マネーセミナーのお申し込みはこちらから→

http://bit.ly/35EJvjs

私は営業ではないので顧客に会いに行くビジネススタイルではありません。

 

ですので、相手に失礼のないようなカチッとした見た目にする必要も特にありません。

 

ミニマリストとしてミニマル生活を目指している筆者ですが、

 

私は現在「手ぶら通勤」をしています。

 

普段、私とお付き合いをしている方はいつも見慣れていると思いますが、

通勤時以外もだいたい「手ぶら」です。

 

そしていつも

「荷物ないの?」

と聞かれます。

 

そこで今回は、「手ぶら通勤」のメリットなどを挙げて手ぶら通勤をオススメしたいと思います。

 

 

なぜ手ぶら通勤に行き着いたのか

筆者は昔、ビジネスリュックに多くの荷物を入れて通勤していました。

 

とある日にふと気づいたことがあります。

 

「リュックの中身の出番なくない?」

 

皆さんもそういうこと思ったことありませんか?

 

そして多くの方は

「なんだかんだ、あれば便利だから」

っていう理由で色々と荷物を持ち歩いていると思います。

 

通勤でいつも持ち歩いて、

そして職場でも使うのであれば職場に置いておけばいいだけですよね。

 

そして私が行き着いたのは、

・名刺入れ

・携帯

・家の鍵

のみ持ち歩くスタイルになりました。

 

非常に快適になりました。

 

職場の人の反応は

 

「昔のおじさん世代みたい」

「確かに荷物の出番って少ない」

「俺もやろうかな」

「スタイリッシュだね」

と賛否両論です。

 

色々な感想ありますが、結局人の評価なんて気にする必要ないんですね。

 

一般的な「デキるサラリーマン」って、

見た目もキッチリしてますよね。

 

ビジネスバッグはサラリーマンにとっては、

アピールポイントであったり、

個性の主張のアイテムであったり、

営業テクニックの1つでもあります。

 

営業マンが高級なバッグを持ち歩いていれば、

勝手に権威性を示すこともでき、マウントを取りやすくもなります。

 

だからこそ、

「サラリーマンはこうあるべきである」

というバイアスがかかっていて、

なかなかビジネスバッグを捨てることが出来ないんですね。

 

筆者はそういうのどうでもいいので、ビジネスバッグは持たないことにしました。

(もちろん出張や必要な物を持ち歩く場面では持ち歩いています。)

 

手ぶら通勤の持ち物リスト

前述の通り、筆者の手ぶら通勤の持ち物は以下の通りです。

 

・名刺入れ

・家の鍵

・スマホ

 

名刺入れが控えめに言って最高に便利です。

 

名刺入れの中身を公開しますと

・現金(折りたたんだ札のみ)

・PASMO、Suica

・クレカ

・銀行キャッシュカード

・免許証

 

です。

 

肝心な名刺は、必要時に職場で何枚かピックアップするだけです。

 

今の時代、キャッシュレス化が進んでますので

ほぼケータイでの支払いで事足ります。

 

現代においては、財布というツールは必要なくなったんですよね。

 

スマホ決済非対応のお店ではクレカ、

それすら出来ない時のために現金を用意しています。

手ぶら通勤のメリット

手ぶら通勤のメリットを挙げていきます。

 

満員電車で周りに迷惑をかけない

全員が手ぶら通勤であれば、

満員電車もほんの少しは緩和されるのになと思っていますが、

荷物を持っていないと周りの人に対してカバンをぶつけてトラブルに発展するリスクが無くなります。

 

朝はみんなイライラして乗車していますからね。

そういったトラブルを避けることが出来ます。

 

 

身体的疲労から逃れることができる

手提げカバンや、リュック、どちらもある程度の重量がありますから、

手が塞がったり、肩こりに発展しますよね。

 

仕事の前に移動で疲れたり、仕事の後に重い荷物で帰宅することも、

どちらも良いこととは思えません。

 

なのでそういった疲労を緩和できることは、

毎日の積み重ねで相当効果を得られることは明らかですよね。

 

 

帰宅時の買い物が楽で節約もできる

手が塞がっていたり、もともと重い荷物を持っている状態だと、

これ以上重い荷物を持ちたくない、楽をしたいと考えます。

 

なので外食で済ませたり、サクッとコンビニで出来合いの弁当で済ませようとしてしまいます。

 

手ぶら通勤ですと、スーパーに立ち寄って、

食材を色々と買って大きめの買い物袋となっても平気です。

 

これが結果として余計な出費を抑えていることに貢献しているんですね。

 

 

見栄やプライドを捨てることで生活力と人間力が増す

良い財布を持ちたい、良いカバンを持ちたいという気持ちは誰にでもあるはずです。

 

このマインドを捨てることが出来れば、どういう良いことが待っているかを挙げます。

 

見栄やプライドを捨てると、めちゃくちゃ気持ちが楽になります。

なんだか解放された気分になります。

 

ありとあらゆるモノは最高級のものである必要はありません。

 

なので全てのモノに対してお金を投入する必要は無くなりますので、

無駄な出費を抑えることができ、生活力が増します。

 

ブランド物で身を固めていると、

自分という本質・中身がスッカスカでも見た目がバッチリ決まっているので

メラビアンの法則で好印象を与えることができます。

 

営業などでメラビアンの法則を使う必要がある人は戦略的にはそれで良いのですが、

そうである必要のない人は別にどうでも良いんですね。

 

むしろ大事なのは自分自身の本質、つまり人間力です。

 

ブランド物に頼らなくても、自分という軸がしっかりしていると

黙っていても人に認めてもらえるようになります。

 

なのでそういうモノを身に着ける習慣をあえて捨てることで、

人間力を養う良いきっかけになります。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか。

今回は「【ミニマル生活】手ぶら通勤で身軽な節約生活」と題して手ぶら通勤の良さをお伝えしました。

 

唯一の懸念点としては、曇りの日です。

 

折り畳み傘は持ち歩かないので、降水確率が高めですとあらかじめ傘を持ち歩くようにしています。

 

傘を持ち歩かないことで、土砂降りに会って困ることなんて年に何回あるのかって考えると、

持ち歩かない方が全然良いという結論に至りました。

 

「荷物がないと何かあった時に不安」

と思っている方、騙されたと思って是非1度試してみてください。

 

すごく清々しい気持ちになりますよ。

 

試すのにはお金はかかりませんので是非勇気を出してトライしてみてください。

 

そしてもしやって良かったら感想を教えてくださいね。

 

それでは最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

 

運営者:さかしん
 

元・県庁職員

オフショア資産保全の預金利息とポイント活動で愛猫とゆるく生活中。

副業・資産運用歴16年の34歳。

・2000万円問題で将来不安が大きい
・資産運用は必要不可欠だと感じる
・でもリスクを負いたくないし、、
・何が危険で何が安全か分からない

そんな「最初の一歩の踏み出し方が分からない方」に向けて「色んな人に騙されて来た筆者」が赤裸々に、ド直球に発信・表現しています。

公式LINEでコラムを配信中!
友だち追加


サロンメンバー紹介(コラム配信者)

ランキング登録中です。
記事内容に気に入っていただけたら
1クリックで応援お願いします。
にほんブログ村 その他生活ブログ マネー(お金)へ