1.01の法則と0.99の法則で人生の差は開く

2020年8月21日マインドセット・考え方

みなさんいつもお読みいただきありがとうございます。

近々マレーシア移住を目論んでいるさかしん(@LIFE_MONEY_HACK)です。

オフショア・タックスヘイブンで資産保全をしています。

 

オフショア資産運用に関して理解していくためのフロー
オフショア資産運用を順序よく理解できるフローを以下にまとめました。

https://spulsllc.com/offshore-15/

 

オフショアに関するカフェ会

毎週日曜日に開催しています。

ブログでは書けないこともお伝えします。

詳細に関する記事はこちら→

https://spulsllc.com/cafekai/

お申し込みはこちらから→

http://bit.ly/2PBfuOc

 

資産運用の基礎を学ぶマネーセミナー

マネーセミナーの詳細はこちら→

https://spulsllc.com/moneyseminar/

マネーセミナーのお申し込みはこちらから→

http://bit.ly/35EJvjs

 

※当ブログ筆者は金融商品の斡旋はしておりません。 よって紹介料なども頂いておりません。フラットな立場で資産運用に関するお話をお伝えしています。 筆者の当ブログに関しての主な収益源は広告収入・カフェ会の参加費となっております。

人は何かを頑張るとき、いきなり無理をすると長続きしません。

 

スポーツなら身体を壊すこともありますし、

資産運用もわからないままFXや株にいきなり大枚はたいても失敗して早々に退場することだってあります。

 

勉強もそうですよね。

何事も肩慣らしは必要ですし、無理はいけません。

 

今回は1.01の法則と0.99の法則をシェアしたいと思います。

 

これを知っていれば、何かを頑張ろうと目標に向かっている人はさらに火がつくかもしれません。

 

 

人生の差が開く1.01の法則と0.99の法則て何?

人間ですから、誰しもが昨日と全く同じ生活をしているかというと違いますよね。

 

自炊をしたりしなかったり、自炊の料理内容も昨日とは違うでしょうし、

帰宅時間、その日使ったお金など、毎日が異なります。

 

そんな中、「今日は頑張った!」「今日はサボった・・・」という日だってあると思います。

 

「昨日はサボったから今日は昨日の2倍頑張る!」

 

そう思って、取り組んでも実際は本当に2倍もできることってありますか?

 

できたとしても非常にエネルギーを使うと思います。

 

ランニングなら、10キロ走ってるのを、今日サボったから明日20キロ

ということになりますから、そう簡単にこなすことはできませんよね。

 

途中でオーバーヒート、そして嫌になり辞めてしまう。

 

辞めてしまうことろまでいくともっとも残念な結果ですよね。

 

前日の取り返しをすることって結構大変なんですよね。

 

そこで大事な考え方が1.01の法則0.99の法則です。

 

 

1.01の法則

 

そこで、2倍とか3倍とか言わずに、「昨日よりちょっと頑張れば良い」という考えで行動する。

 

数値化すると「昨日の1.01倍だけ頑張る」

 

数値でみるとたった0.01に相当するだけのことをやるだけです。

 

小さな小さな増分なのですが、それを毎日積み重なるとすごいことになります。

 

計算してみましょう。

ちなみに、昨日の1倍がんばるということは、

日本語としては少しおかしな表現ですが、昨日と同じだけ頑張ると同義ですよね。

2日目 1.01倍

 

3日目 1.01倍 x 1.01倍=1.0201

4日目 1.01倍 x 1.01倍 x 1.01倍=1.030301

 

と、1年(365日)積み重ねていくと、

1.01の365乗となり数値は、37.783434倍となります。

 

つまり、昨日よりほんの少しだけ頑張るだけで、

1年後には1年前の37倍以上も頑張っていたことになるのです。

 

画像はhttp://twitpic.com/by4z11から拝借しました
こういう考え方で取り組むと比較的苦にならずに努力できますね。

 

 

0.99の法則

そして、逆に0.99の法則というのもあります。

 

これは昨日よりも0.01だけ手を抜いて1年続けると、

 

最初1だった数値が0.03まで減ってしまう法則です。

 

限りなく0になりますね。

実際は何かやっていることが0になることはないですから、

目には見えませんが、成長度合いが0という見方で捉えると良いでしょうね。

 

 

1.01の法則と0.99の法則、結果の比較

 

多くの方は、手を抜く日もあれば頑張る日もあると思うので、

ずっと上がりっ放し、ずっと下がりっぱなしではなく、

ギザギザに上がったり下がったりしてプラマイ0を行ったり来たりしている状態かと思います。

 

では

1.01の法則により1年ちょっとずつ頑張り続けた人と、

0.99の法則により1年ちょっとずつ手を抜き続けた人

どのくらいの差が開くか計算してみましょう。

 

37.8÷0.03≒1,260

はい、その差1,260倍です。

 

「今日はいいや」という人と「今日あとちょっとだけやろう」という人は、

1260倍に相当する何かの結果の差が出ます。

 

 

来月の目標達成は今月の頑張りで決まる

仕事では毎月のノルマ、年間のノルマなど様々ありますよね。

 

例えば営業などに関して言うと、

1回会ってプレゼンしてすぐ決まるタイプの商品もあれば、

何度も足を運び、信頼関係を築いてようやく購入してもらう、

時間のかかるタイプのものもあります。

 

時間のかかるタイプであれば、来月の結果は今月の頑張りで全てが決まります。

 

たまたまひと月で区切っているだけであって、時間は数珠つなぎで繋がっています。

 

「今月イマイチだったから来月頑張る」

 

という発言は、

 

「来月は頑張るんで今月は休ませてください」

と言っているようなもんです。

 

きちんと積み上げている人には、【偶然】や【ラッキー】も起こります。

これは偶然に思っているだけではなく、日々積み上げてきた結果が少しずつ数値化されて出てきたに過ぎません。

 

だから結果を出している人はよく「たまたまのラッキーだよ」と謙遜する人は多いのですが、実際にはそのたまたまを毎月の「当たり前」にしています。

 

積み上げていない人ほど、実力だということに気づかず、

「あいつはラッキーで自分は不遇だな」と片付けてしまいます。

 

明日結果を出したいなら今日頑張る。

来月結果を出したいなら今月頑張る。

来年結果を出したいなら今年頑張る。

 

皆さんが結果を出したいのはいつですか?

そこから逆算をするといつ頑張るべきなのかがはっきりとわかってきます。

 

 

まとめ

いかがでしたでしょうか。

今回は「1.01の法則と0.99の法則で人生の差は開く」と題して

日頃のちょっとした積み重ねが大きな差を生むということをシェアしました。

 

とはいえ、逆に強迫観念で「やらなきゃ」と思うとそれもまたストレスになります。

 

休む日はしっかりと休む、というメリハリも大切だと思います。

 

ストイックなことが好きな人は、ぜひチャレンジしてみてください。

 

それでは最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

運営者:さかしん
 

元・県庁職員

オフショア・タックスヘイブンにて資産保全を実践中。

副業・資産運用歴17年の35歳。

・2000万円問題で将来不安が大きい
・資産運用は必要不可欠だと感じる
・でもリスクを負いたくないし、、
・何が危険で何が安全か分からない

そんな「最初の一歩の踏み出し方が分からない方」に向けて「色んな人に騙されて来た筆者」が赤裸々に、ド直球に発信・表現しています。

公式LINEでコラムを配信中!
友だち追加