LINEPayの賢い使い方。お会計が「ご一緒のみ」の店で大活躍!

2019年10月19日お得な情報

みなさんいつもお読みいただきありがとうございます。

近々マレーシア移住を目論んでいるsakamotoです。

海外のオフショア口座で資産運用・資産保全をし利子配当と家賃収入とポイントだけで生活することを目指しています。

今日は「LINEPayの賢い使い方。お会計が「ご一緒のみ」の店で大活躍!」と題して記事を書きましたのでぜひご覧いただけたら幸いです。


たまに、飲食店で混雑を緩和させるためだと思うのですが、

「別会計できません」

と言われたりしますよね。

そんな時、お客さん同士でお金のやりとりをしてめんどくさいことってありますよね。

そんな時にLINEPayが大活躍します。

スポンサーリンク

LINEPayで端数までスムーズに!

お会計がご一緒のみのお店、結構出くわします。

そして、これが結構面倒。

デートなどでご馳走する目的であれば問題ないのですが、

これが友達同士や、ビジネスシーンだった場合が面倒なんです。

 

そこで活躍するのがLINEPay

使い方を解説しますと、

 

例えば、

Aさん900円、Bさん951円、合わせてお会計が1,851円だったとします。

代表してAさんがお店に1,851円を支払います。

 

そのあと、BさんがLINEPayを利用して、Aさんに951円耳を揃えて送金します。

送金手数料は無料なので、目の前でサクッとお支払いができます。

 

さらに、端数まで送金できます。

 

あるあるの場面として、これまでは、ジャラジャラと小銭を出して、

ちょうどなかったらAさんにお釣りをお願いして、Aさんもお釣りがちょうど出せなければグダグダに、、、

 

正直面倒ですよね。

別に1円まできっちり欲しいとも思わないけど、

なんかお互いに変な感じになって終わることもありますよね。

 

そういったモヤモヤを解消してくれる便利なツールです。

銀行送金以外の代替手段としても有効!

銀行送金の代わりとしても活躍します。

銀行送金は、振込手数料がバカにならないですよね。

 

月に○回まで無料というサービスもありますが、

お金を複数の口座に分けて入れている人はその回数制限もあっという間に使い果たしてしまいます。

 

流石に今はまだ企業では導入は難しいかとは思いますが、

 

個人間でちょっとした頼みごとを小遣いを渡してお願いするときなどは最適です。

 

例えば、先日面倒な作業があって、それをアウトソーシングで知人に頼みました。

 

そのとき、謝礼もお支払いしたのですが、LINEPayで送金しました。

 

これで振込手数料の数百円が無駄にならずにすみます。

 

こうやって使い方次第では、便利にお得に使い倒していけば良いですよね。

イベントの事前支払いにも便利!

大小関わらずイベントを主催している方のお困りごとの一つとして、受付時のお会計があります。

 

つり銭の用意をしなければならないし、

スムーズにできないと行列をなし、

はたまた領収書を求められたら発行するために諸々やらなければなりません。

 

筆者もイベントは開催していたので、これは結構面倒でいつも人に頼んだりしてましたが、

これからはそれすら不要となります。

 

LINEPayを使うことで、

事前に支払いを済ませておけば、会社側も事前に確認できますから、

当日はスムーズに受付が可能となります。

(当日ドタキャン防止の布石としても使えます。キャンセルポリシーをしっかりと明記しておけば大丈夫ですね。)

まとめ

いかがでしたでしょうか。

今回は「LINEPayの賢い使い方。お会計が「ご一緒のみ」の店で大活躍!」と題して

LINEPayの場面ごとの有用な使い方をシェアしました。

 

まだまだ使いこなしている方は少ないのではないでしょうか。

初めは面倒でも、慣れるとこれほど便利なものはないと気づきます。

 

ぜひ実践してみてください。

 

一流を目指す大人たちのオンラインサロン運営中!

経済的な自由、仲間が欲しい方はご連絡ください。

↓  ↓  ↓

経済的自由と仲間を手に入れよう

公式LINEにてブログ更新通知・限定イベント告知・お得な情報を流します。無料ですから登録しておいて損はありません。

↓  ↓  ↓

友だち追加

ランキング登録中です。
記事の内容に気に入っていただけたら1クリックで応援お願いします。
 

↓  ↓  ↓

にほんブログ村 その他生活ブログ マネー(お金)へ