習慣を身につけて人生に大きなメリットを得よう

2020年6月20日マインドセット・考え方

みなさんいつもお読みいただきありがとうございます。

近々マレーシア移住を目論んでいるsakamotoです。

海外のオフショア口座で資産運用・資産保全をし利子配当と家賃収入で生活することを目指しています。

 

オフショア資産運用に関して理解していくためのフロー

オフショア資産運用を順序よく理解できるフローを以下にまとめました。

https://spulsllc.com/offshore-15/

 

オフショアに関するカフェ会

毎週日曜日に開催しています。

ブログでは書けないこともお伝えします。

詳細に関する記事はこちら→

https://spulsllc.com/cafekai/

お申し込みはこちらから→

http://bit.ly/2PBfuOc

 

資産運用の基礎を学ぶマネーセミナー

マネーセミナーの詳細はこちら→

https://spulsllc.com/moneyseminar/

マネーセミナーのお申し込みはこちらから→

http://bit.ly/35EJvjs

皆さん、毎日習慣にされてることはありますか?

 

最初は新しい事や挑戦を始めようと努力してみるけど、

なかなか続かなかったり。

 

毎日の習慣にして継続する事ってなかなか難しいですよね。

 

ですが、

漠然と過ごすのではなく、

毎日の習慣として意識したら自分に利益として返ってくる事がたくさんあります。

 

今回は習慣について解説したいと思います。

 

 

習慣を身につけるメリット

そもそも習慣を身につけることで何か良いことはあるのでしょうか。

 

最小限に労力を抑えることができる

「○○することが当たり前」

の状態になることで、労力を最小限に抑えることができます。

 

歯磨き、お風呂など、普段の生活で当たり前になっていることは、

「労力を使った」と感じないようです。

 

そのためには、日々の積み重ねが大切。

 

どんなことでも新しいことを始めると最初はうまくいかないことが多いようですが、

根気よく続けるうちに、「当たり前」になっていくのです。

 

当たり前の状態になれたら、後は労力を感じずに、習慣化されていきます。

 

確実に何かしら得るものがある

どんなことも続けることで得られるものがあります。

 

例えば「TOEICで800点を取りたい」「マイナス5キロ体重を落とす」

ということを目指しているなら、

当然毎日の学習や何らかのダイエット方法を続けることで

目標を達成することができます。

 

習慣化されたことが成果に繋がると、

また新しいことを始めようという気力にも繋がるのです。

 

このループが続くと、常に何かに挑戦しようという思考になりやすいため、

自身の置かれた状況や能力に応じて何を習慣化するとプラスになるかを考えることができます。

 

今後の人生においても、自己成長できる人になる可能性が高くなるのです。

 

また、何気ない家事などでも、やり方を工夫して時短を意識して習慣にすると

「時間」を得ることができます。

 

自信を得られる

人は、自分が決めて行動したことが良い方向に向いたり、

成果を出すことで自信をつけることができます。

 

習慣化は自分が毎日行っている行動であるため、

少しづつ努力が積み重なっていきます。

 

小さな努力の積み重ねが実ることで大きな自信になり、

その自信は簡単には壊されません。

 

そのため、忍耐力や揺るがない志を持てるようになります。

 

このことがきっかけで、より大きなものに挑戦しようと思えるエネルギーが湧いてきます。

 

楽して莫大な成果を得たい人が多くいます。

そういう人は習慣、つまり継続、積み重ねをしません。

だからこそ、習慣化すれば「勝ち」です。

 

その人らが始めようが、自分が辞めなければそうそう追いつかれることはありません。

 

多くのナマケモノを置き去りにできます。

 

自分磨きのための習慣

長い人生の中で

「もう少しこんなことができたらな」

と思うことはたくさんあると思います。

 

内面を磨いて、今の自分を変えたい。

 

そんな時に「身に付けて自分を成長させる3つの習慣」を紹介します。

 

①本、Youtube、ブログを見る習慣を身につける

何か新しい知識を得たい、スキルを身に付けたい、仕事を効率良くしたい、

自信を持ちたいなど、自分を成長させるために必要としているスキルや要素を

具体的にわかりやすく噛み砕いている本、動画、記事がたくさんあります。

 

今やスマホ1つあれば、もっと言えば無料で

ある程度の学習をすることができます。

 

ぜひ自分の目指すベクトルに合ったものを探してみましょう。

 

②尊敬できる人、ライバルを身近に見つける習慣を身につける

目標となる尊敬できる存在、ライバルを見つけましょう。

 

また身近な学校や職場の先輩など、どんな方でも構いません。

 

歴史上の人物でもいいかもしれません。

 

日々成長していくためには刺激や激励、お手本が欠かせません。

 

その人を常に意識することで刺激になり、少しでも近づこうとする事で成長に繋がります。

 

また頼れる指導者を見つけても良いでしょう。

 

自分の知らないことを知っている人なら、より素晴らしい経験になります。

 

自分以外の全ての人が先生と思うことも効果的です。

 

「人として終わってるな」

と思うような人でさえも、その人を見て学び得ることがあります。

 

常にそういう視点で見ていると、

自分という人間がどういう人なのかというところも浮き彫りになるでしょう。

 

③自分の1日の「アラ探し」をする習慣を身につける

就寝前に今日の1日を振り返りましょう。

 

自分のどこをどのように変えていけば良いのかを知る必要があります。

 

本当に自分を成長させたいのであれば、

自分の生活の悪い習慣を改善しましょう。

 

どこをどう変えていけば、より良い自分になれるかを問いかけるのが大事です。

 

こうした習慣を暮らしの中に積み重ねていくことで、

少しずつ人生が好転していきます。

 

私は、仕事で上手くいったら、なぜ成功したのかを徹底的に分析します。

また、失敗した時も当然、なぜ失敗したのかを徹底的に分析します。

 

それぞれ分析することで、成功はより多くの成功を招くことになり、

失敗はより少なく抑えることができます。

 

ただ漠然と

「やったー上手くいった」

「くっそーダメだった」

 

で終わらせるのはもったいないです。

 

1番身近なケーススタディを自分自身がやっているのですからね。

 

仕事のための習慣

仕事をしているといろいろな悩みがあると思います。

 

「なぜあの人は仕事が早いのだろう」と思うことはありませんか?

 

仕事ができる人できない人、そこにはどのような違いがあるのでしょうか。

 

「できる人=仕事を効率よくやっている人」です。

 

限られた時間をどのように上手く使うか、

どんな人でも明日から始められる仕事を効率よくするための習慣を紹介します。

 

①健康状態を高める

人間の活動は全てエネルギーを使っていています。

まず体調が万全でないと仕事効率も時間効率も落ちます。

十分な睡眠の確保、バランスの良い食事、寝る4時間前の食事、

アルコールやカフェインを控える、毎日適度な運動を行うなど、体調管理を意識しましょう。

 

ちなみに簡単に健康状態を保つのにおすすめなのが水分補給です。

①起床後

②のどの渇きを感じる前

③ 毎食20分前

④入浴前後

⑤運動前後

 

人の体のほとんどを組成する水をこまめにとりましょう。

 

②色々と辞めてみる

ごく当たり前のことですが、仕事環境を整えることは仕事効率、

時間効率を高める上で大切なことです。

 

ですが、今の状況が当たり前になり過ぎて気づいていない人も結構います。

 

毎日の仕事の効率を上げるために一度遠回りをするようですが、

やらないことを決めましょう。

 

付箋にメモして机やPCに貼るのを辞める。

書き留めておくための付箋やメモは机で散乱します。

 

そういうメモなどは簡単になくなってしまいます。

 

そういう場合はPCのフリーソフトで付箋ソフトなどがありますので、

デスクトップ画面上で管理してみると良いでしょう。

 

前年踏襲を辞める。

去年良かったことも、様々な進歩で今年はもっとよくできる余地はあります。

もっと楽できる方法はないか、そういう視点を改めて持つことで仕事の効率化は図られます。

 

打ち合わせを辞める。

私の経験ですが、新たなセクションで新たな業務の担当となった時、

一番にこれをやります。

 

無駄な打ち合わせがとにかく多いです。

 

会議もそうなのですが、会議はヒラ社員の自分1人の力では変えられないこともあるので

我慢してますが、パワーのある人なら是非会議も見直して欲しいところです。

 

良いと思うものでも、自分に最適と思わなかったら辞める。

個人事業主に多い傾向なのですが、

良いお仕事ならなんでも武器として携えてしまう。

 

一見、素晴らしいお仕事案件をたくさん持っている人に見えますが、

私の経験上それはうまくいきません。

 

ドラクエで言ったら、荷物がたくさんあるトルネコみたいなもんです。

 

あれもあるよ!これもできるよ!

とスーパーの品揃えのように言っても、

お客様が求めているのはその道のプロの意見やサービスです。

 

デパートでママチャリを買うのと、

ロードバイクを売っている自転車屋さんに行くのとでは訳が違います。

 

結局あなたは何屋さんなの?

 

と思われて終わりです。

 

その道のプロになることが絶対いいです。

 

70〜80点のもらえる仕事であっても、

100点もらえる仕事があるなら、余計なものは削ぎ落とし、

とことん貫いた方が絶対にいいです。

 

 

③作業のルーティン化

人間は1日の中で大小合わせると9000回以上の決断をしていると言われています。

決断することはエネルギーと時間を使います。

ウィルパワーというものです。

長くなるのでこれについてはまた別記事にしようと思います。

 

仕事を始めようと思ってもやる事を毎日バラバラのタイミングでやっていると

次に何をやるか考える時間が勿体ないです。

 

習慣化、ルーティン化、つまり無思考化する事で

その決断スピードを劇的に向上させることが可能になります。

 

また、様々なことを並行して行う多動力は大事ですが、

ルーティンも組み合わせた上で省エネでやることが大事です。

 

④ 終業前に次の日の業務を決める

 

朝に出勤してデスクの前に座ったとき

「なんの作業から手をつければいいんだっけ、、、」

という経験は誰しもあると思います。

 

年末年始やお盆などの長期休暇明けなら

タイムスリップしたような気分になりますよね。

 

そのようにならないための方法は、

終業前に次の日に行う業務を考えメモをしておく事です。

 

それにより「仕事の連続性」が高まり、モチベーションが上がります。

 

⑤集中する時間を決める

仕事ができる人の特徴は集中できる方法を知っている事です。

 

自分が集中できる時間帯や状態を知っているため、

集中したい場合にその環境を創出するのです。

 

メールやLINEのチェックする時間帯を決めておき、

それ以外の時間は見ないようにする。

 

また、これは同僚や上司への配慮として

PCでタイピングしている時には話しかけないことです。

 

タイピングしている時に

「すみません、話しかけても良いですか?」

と言われても、

その時点で話しかけられているし、手は止まっていますよね。

 

自分の集中力が途切れてしまって迷惑と思うことは

相手にはしないように心がけましょう。

 

資産運用のための習慣

賢い資産運用をしていくための習慣を紹介します。

 

毎月貯蓄をする

健全な資産運用には健全な原資が必要です。

 

棚から牡丹餅的に湧いてくるお金でやるものではありませんし、

それを期待していつまでも待つのもナンセンスです。

 

今あるお給料が現時点の基準です。

 

物足りないなら仕事を変えるor増やす必要があるし、

仕事を変えたくないなら今のお給料でどうやりくりするかを考える必要があります。

 

こうしているうちに1日が過ぎていき、それを365回繰り返すと

あっという間に1年が経ちます。

 

1年前のあなたの資産額と、今日現在のあなたの資産額はどう変わっていますか?

 

やらなくても別に死ぬわけではないからついつい後回しにしてしまうのが資産運用。

 

やらなくても誰に迷惑をかけるわけでもありません。

 

ただただ、徐々に、自分の首が締まっているだけです。

 

政治・経済ニュースに目を向ける

スポーツ、芸能ニュース以外にも世の中の出来事に目を向ける習慣をつけましょう。

 

1つのメディア、情報から得るものが全て正しいかどうかを疑う癖をつけましょう。

 

大事なことは物事を多角的に見て自分で判断することが大切です。

 

判断することを他人に任せることは辞めましょう。

 

日本では、政治・カネ・宗教を日常会話で話すことは絶対のタブーとされています。

 

話した途端距離を置かれます。

 

そんな奴らはこっちから距離を置いてやりましょう。

 

合わせる必要なんてありません。

 

人の常識に合わせる人生なんてなにも面白くもありません。

 

自分の人生を全力で生きるには、人の目なんて気にしてはいけません。

 

そのうち勝手に周りが認めてくれるタイミングが絶対にきます。

 

それまでは愚直に自分を貫いていく、これは僕が尊敬する資産家を見て学んだことです。

 

浮き足立ってはいけないが、迅速な行動が必要

何事も、誰かに急かされ、

自分の本意ではなく背中を押されて進み出すことは、うまくいきません。

 

しっかり地に足をつけて行動することが大事です。

 

だけれどもその場で足踏みをしていることは決して良いこととも言えません。

 

一歩も踏み出せない人は、それが正解と思っていますが、大きな間違いです。

 

なぜなら周りが1歩1歩足を前に進めているから。

 

3Gから4Gへ、そして5Gの話をしているうちに

トヨタ自動車は6Gに焦点を合わせて動き出しています。

 

何事もそうですが、自分にとって良いものと思ったら取り入れる、チャレンジする。

自分にとってダメなものと思ったら即やめる。

 

どっちつかずが一番自分をダメにしていることに気づきましょう。

タイムイズマネーです。

 

資産運用で大事な要素は「時間」です。

複利運用には時間が必要です。

 

限られた時間をいたずらに扱うのは辞めましょう。

 

借金をしない

不動産などレバレッジを効かせる資産運用はいいのですが、

カードローンや消費者金融からお金を借り、

FXやバイナリーオプションの必勝ツールや必勝トレード法なるものを

騙されて買い、結局資金を溶かしてしまう人が後を経ちません。

 

そもそもリスクの高い投資は金を借りてやるものではありませんし、

そもそも投資とはお金持ちがやることです。

 

きついことを言うかもしれませんが、

貧乏人は投資に手を出す資格はありません。

 

投資で一発逆転を狙うことはもう辞めましょう。

仮に成功しても、そのお金を次なる投資に再投資し、失うまで繰り返すだけです。

 

 

仕事や家事に影響を出さない

仕事から帰ってきて、デイトレードなどの運用をする人もいるかと思います。

 

気になって仕事中も相場を確認する人もいるでしょう。

 

仕事がおろそかになるのは本末転倒と言いますか、

メリハリをつけられなくなると、休む時間も無くなります。

 

家族がいる人ならなおさらで、

過程をないがしろにするような行動をとってしまうのはナンセンスです。

 

私の周りの資産家さん達は、

資産運用も家庭も非常に上手くいっています。

 

習慣化が失敗する理由

習慣化が失敗する理由を考えてみたいと思います。

 

一度に、かつ短期的に全てが変わると思っている。

これは、もっともありがちな理由です。

 

すぐに結果を求めてしまうタイプ。

 

ダイエット、筋トレ、マインドセットなどなど、

理想の自分にすぐになれると期待してしまうと、

見事にその理想が裏切られます。

 

期待なんてしてはいけません。

 

愚直にやることをやる。

 

完璧主義者

完璧主義者の方もなかなか難しいですよね。

 

全てプランを立てて、よしやるぞと始めたはいいものの、

何かの不可抗力で1日できなかった日があるともうやる気がなくなってしまいます。

 

完璧主義者は無理しがちなので、自分の特徴をしっかりと把握しておく必要があります。

 

さらに、世の中自分の思った通りに行くことの方が少ないんだということを学ぶところから始めましょう。

 

実は目標が本望ではない

なぜかやる気が起きない。

それはもしかして、本当に自分がなりたい姿を目指していないからではないですか?

 

例えば、お金持ちになって高級外車に乗りたい!

そのためにお金持ちになる習慣を身につける!と意気込んでも

結局何も手につけない。

 

実は別に車が大好きでもなく、単なるお金持ちのイメージで考えただけかもしれませんよね。

 

本当は、

労働から解放されて趣味に没頭したい!という目標にした方が良かったりするかもしれませんよね。

 

どういう切り口で目標を立てて、それを叶える習慣を選択するかという、

そもそもの部分が間違えている可能性があります。

 

 

習慣化のコツ

私が自信を持ってお伝えできる習慣化するコツがあります。

 

それは

宣言をすること

です。

 

私は常に目標などを周りに言っていました。

 

達成もしていないことを周りに話すことは、

話すことだけで満足して終わることがあると批判する人もいます。

 

ですが私はこれで常に成果をあげています。

 

例えば、大学受験で、

「俺は東大に受かる!」

と公言したとします。

 

そうすると東大に受かるためのレベルの勉強をします。

 

高いステージに合わせた取り組みをするわけです。

 

東大に受かったらそれはそれで有言実行で素晴らしいことですが、

もし、東大に受からなかったとしても、私は大きなメリットがあると考えています。

 

それは、仮に東大に受からなかったとしても、

他の大学レベルだったら余裕で合格できる学力が知らないうちに備わっているということです。

 

気づいたらこんな高いところに登っていたんだ、、、

 

という状況を作り出すことができます。

 

なので宣言する目標は高ければ高いほど良い。

 

仮に達成できなくとも、それに向かってがむしゃらに行動していたのであれば、

相当高いレベルに到達しているはずです。

 

だから、結果オーライなんですね。

 

口だけで行動しないというのは無意味ですが、

ビッグマウスな発言をして、周りにバカにされても行動さえすれば、

一定の成果を得られます。

 

だからぜひ、高い目標を立てて動いてみてください。

 

 

まとめ

いかがでしたでしょうか。

今回は「習慣を身につけて人生に大きなメリットを得よう」というお題で

習慣を身につけることで得られるメリットをご紹介しました。

 

何も考えずにいたずらに過ごすよりも、

何かを考えて行動した方が結果がはっきりとわかります。

 

それがダメだったとしても、ダメだということが分かったという成果が得られます。

それが良かったら、万々歳ですよね。

 

でも何も意識していないと、何も習慣にしていないと

何が良くて何がダメなのかもわかりません。

 

試してみるのはタダなので、騙されたと思って今日から何か習慣を身につけてみてください。

 

例えばダイエットで、3日坊主だったとしても

他のダイエットの手段を3日坊主で繰り返せばそれはそれでアリだと思います。

 

何もやらない人よりもはるかに素晴らしいことだと思います。

 

それでは最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

 

運営者:さかしん
 

元・県庁職員
 

オフショア資産運用で預金利息をもらい
 

愛猫とゆるーく生活しています。
 

副業歴16年・資産運用歴10年の34歳です。
 

将来が不安!資産運用しなきゃ!
でもリスクもあるだろうし、
そもそも何をやれば良いのかが分からない、、、
 

そんな「過去の自分」へ向けたブログです。

友だち追加

ランキング登録中です。
記事内容に気に入っていただけたら
1クリックで応援お願いします。
にほんブログ村 その他生活ブログ マネー(お金)へ

スポンサーリンク