【分散保有】ポートフォリオとしてのレバレッジ1倍のFX

資産運用

みなさんいつもお読みいただきありがとうございます。

近々マレーシア移住を目論んでいるsakamotoです。

海外のオフショア口座で資産運用・資産保全をし利子配当と家賃収入で生活することを目指しています。

 

オフショア資産運用に関して理解していくためのフロー

オフショア資産運用を順序よく理解できるフローを以下にまとめました。

https://spulsllc.com/offshore-15/

 

オフショアに関するカフェ会

毎週日曜日に開催しています。

ブログでは書けないこともお伝えします。

詳細に関する記事はこちら→

https://spulsllc.com/cafekai/

お申し込みはこちらから→

http://bit.ly/2PBfuOc

 

資産運用の基礎を学ぶマネーセミナー

マネーセミナーの詳細はこちら→

https://spulsllc.com/moneyseminar/

マネーセミナーのお申し込みはこちらから→

http://bit.ly/35EJvjs

この記事は、

資産をすでに多くお持ちの方向けです。

 

そしてあくまでも

分散保有として、リスクヘッジのためにオススメする手法です。

資産を増やす目的ではありません。

あくまでも分散して資産を保全するための目的でオススメするものです。

 

そしてこれは

欲を持たないこと、いわゆる我慢も大事です。

 

 

分散保有、ポートフォリオとしてのFX

FXは一発逆転でリスクのある投資であるイメージが強いですよね。

 

これは間違っていません。

 

レバレッジと言って、自分が口座に入れている金額に対して

最大25倍の取引が出来てしまいます。

 

そのため、分不相応の取引をしがちな人が多く、

いともたやすく自分の資産を失ってしまいます。

 

ですのでレバレッジを利用したFX取引はオススメしません。

 

ここでオススメする方法は、儲けることが目的ではなく、

多くある資産をどう守るか、その分散先としてのFXです。

 

端的に言うとレバレッジをかけない。

つまりレバレッジ1倍でFXをやるという手法です。

 

 

ポートフォリオって何?

あくまでも、ポートフォリオは

「お金持ちになってからやるもの」

です。

 

総資産100万円の人が、

現金10万円、金30万円、株式30万円、債権30万円

 

こんな分散をしたところで、

何かあった時に現金は10万円しかなくいざという時にお金が足りなくなるし、

他の資産においても、増やそうにも元手が少ないから全然増えない。

 

ですからまずは資産をしっかりと増やしてから、そのあとに分散を行うべきなんですね。

 

資産の種類は、

・現金

・土地

・証券

・債券

・不動産

・権利

といった様々な資産があります。

 

例えば資産がウン全万円ある場合、

ひとつの資産に運用を集中させるのは少し心もとないです。

 

例えば現金も土地、金を持たず、資産のほとんどを1銘柄の株式で持っているとします。

 

もしこの株券が例え素晴らしい銘柄でも、

コロナショックなどの相場全体の影響で株価が暴落する可能性があります。

 

土地や外貨などに分散していれば、

どれかひとつの資産が暴落しても他の資産が自分の資産価値を守ることができます。

 

このように、同時に運用する複数の資産をポートフォリオと言います。

 

 

ポートフォリオでドローダウンを最小化しよう!

ポートフォリオの良い点は、

ドローダウンを最小化できるということです。

 

ドローダウンとは、

一時的に最大資産額から落ち込んだ場合の下落率のことをいいます。

 

つまり、どれくらいの損失が出たか、ということで、

例えば資産が100万円あり、90万円まで落ち込むとドローダウンは10%と言い表すことが出来ます。

 

ポートフォリオで資産を複数持つことで、

資産の下落率をなるべく緩やかにする効果があります。

 

1つの資産に集中して、一度大きな損失が生まれてしまうと、

同じ利率で増やそうとしても利益が低くなります。

 

他の資産があることで、他の資産において引き続き複利が効いてますので、

一部の資産の減りをカバーしつつ、資産を増やし続けることが可能となります。

 

 

安全にFXで資産を持つ方法

ポートフォリオとしてFXを扱う場合、

大きなレバレッジを使ってトレードをするのはリスクを伴います。

 

FXにおいて大きな取引高のトレードは利益が出やすい反面、

含み損も拡大しやすい上に管理が難しく、何よりも精神衛生上よくありません。

 

したがって資産運用のポートフォリオの一部としてFXをする場合、

リスクの小さいレバレッジ1倍のトレードがオススメです。

 

ここでこういう疑問を感じるかもしれません。

 

「外貨預金で良くない?」

 

という話。

 

FXレバレッジ1倍と外貨預金との違い

外貨預金とレバレッジ1倍のFXとの違いは、

FXの方が使い勝手が良いという点です。

 

FXは外貨預金よりも取引が楽だということが特徴です。

 

利確も損切りも状況に応じて瞬時に対応可能です。

 

資産運用において取引の快適性はとても重要ですよね。

 

基本的にここでオススメするFXでの資産保有方法としては、

基本放置で大丈夫なので、頻繁に取引する必要はありませんが、

場合によっては微調整もしっかりできるFXの方がオススメです。

 

また、取引コストも外貨預金よりFXの方がお得です。

 

外貨預金はFXの約10倍手数料が高いです。

 

 

実は株より安定しているFX

FXというのは、株よりも価格変動が安定しています。

 

価格変動の振り幅が小さいのがFXなんですね。

 

だからこそ、投資性?投機性?射幸心を煽るため?に

取引をやれ10倍だ、やれ25倍だといったレバレッジ取引ができるようになっています。

 

逆に言うと、FXはレバレッジさえ掛けなければ大きく損もしなければ、

大きく利益も出ません。

 

なので、大事な資産を分散して保有する際の逃げ先としては割と優秀なわけです。

 

 

まとめ

いかがでしたでしょうか。

今回は「【分散保有】ポートフォリオとしてのレバレッジ1倍のFX」と題して

分散保有の手段としてのFXをご紹介しました。

 

繰り返しになりますが、

この手法をオススメするのは

・お金持ちの人(分散するだけの資産を持っている人)

・欲に負けない人(欲に負けてレバレッジを掛けて取引しない人)

以上の方になります。

 

筆者はこれに加え、金(ゴールド)の保有への分散も検討しています。

 

それでは最後まで読んでいただきましてありがとうございました。

 

 

___________________________________________________

 

日本国内でFXを口座を持つならDMM.com証券


選ばれてNo.1!! FX口座数『国内 第1位』※

※2020年1月末時点。ファイナンス・マグネイト社調べ(2020年1月口座数調査報告書)

※DMM FXと外為ジャパンFXを合算した口座数にて調査

—————————————————————-

■本人申込もOK!スピーディーな口座開設が可能

・申込は簡単5分で入力完了!

・『スマホでスピード本人確認』を利用して口座開設すると【最短1時間で取引】スタート!

※ 面倒な郵送物の受け取り不要。  

急な相場変動や、夜~深夜にマーケットが大きく動いた際でも取引チャンスを逃さない!  

 ===============================================

~全てが高スペック。FX初心者から上級者、幅広く選ばれているDMM FX~

 

1.FX業界最狭水準のスプレッド

 

2.初心者からデイトレーダーまで好評の取引ツール

「もちろんスマホからでも取引可能!アプリで楽々トレード」

 

3.カスタマーサポートも充実で初心者も安心

「平日24時間電話サポート/業界初!LINEで問い合わせも可能」

 

4.安心安全の『全額信託保全』導入済み

「3つの信託銀行でお客様の大切な資産を管理しております」

 

5.業界初!『時事通信社』ニュース配信 充実の為替情報でFX取引の参考に

===============================================

\ あくまでもレバレッジは1倍で /

運営者:さかしん
 

元・県庁職員

オフショア資産保全の預金利息とポイント活動で愛猫とゆるく生活中。

副業・資産運用歴16年の34歳。

・2000万円問題で将来不安が大きい
・資産運用は必要不可欠だと感じる
・でもリスクを負いたくないし、、
・何が危険で何が安全か分からない

そんな「最初の一歩の踏み出し方が分からない方」に向けて「色んな人に騙されて来た筆者」が赤裸々に、ド直球に発信・表現しています。

公式LINEでコラムを配信中!
友だち追加

ランキング登録中です。
記事内容に気に入っていただけたら
1クリックで応援お願いします。
にほんブログ村 その他生活ブログ マネー(お金)へ