完全公開ブックメーカー投資のウソ。詐欺被害者続出。

2020年12月8日騙されてはいけないシリーズ

みなさんいつもお読みいただきありがとうございます。

近々マレーシア移住を目論んでいるさかしん(@LIFE_MONEY_HACK)です。

海外のオフショア口座で資産運用・資産保全をし利子配当と家賃収入で生活することを目指しています。

 

オフショア資産運用・資産保全を理解するためのフロー
https://spulsllc.com/offshore-15/

 

オフショアに関するカフェ会
毎週日曜日に開催しています。
ブログでは書けないこともお伝えします。
詳細→https://spulsllc.com/cafekai/
申込→http://bit.ly/2PBfuOc


オフショア・タックスヘイブンに関する個別相談会
カフェ会のような複数人数ではなく、自身の状況を元に相談をされたい方にオススメです。

 

資産運用の基礎を学ぶマネーセミナー
※マネーセミナーでは、オフショア・タックスヘイブンに関することはお伝えしておりません。お金の基礎知識、リスクなどについてお伝えしています。
詳細→https://spulsllc.com/moneyseminar/
申込→http://bit.ly/35EJvjs


ラジオ[さかしんradio]
自己紹介⇨https://bit.ly/31wnnbe


※当ブログ筆者は金融商品の斡旋はしておりません。 よって紹介料なども頂いておりません。フラットな立場で資産運用に関するお話をお伝えしています。 筆者の当ブログに関しての主な収益源は広告収入・カフェ会の参加費となっております。

ブックメーカーとは、

テニス、野球、バスケ、サッカーなど

あらゆるスポーツを賭けの対象としたイギリスの公営ギャンブルです。

 

 

日本でいうところの競馬のようなものです。

 

有名なサイトでいうと、bet365、ピナクルスポーツなどです。

 

そのブックメーカーというギャンブル

 

「投資」という観点で「固く」資産を増やしましょう

という勧誘が何年か前から流行っています。

 

結論から言うと、

絶対に手を出してはいけません。

 

世の中の詐欺師たちは

「勝率95%を誇る手法を公開!」

とか

「安定して勝ちを積み重ねて固い運用を!」

など、あたかも真面目に手堅く資産を増やせるという風に見せかけた文言で、

 

高額スクールの入会

を迫ったり、

手法を高額で売り付けたり

しています。

 

ですがそんなことでお金を増やし続けることは決してできません。

 

 

やってはいけない理由①勝率とオッズが割に合わない

例えば、競馬で「ディープインパクト」という最強馬が

レースに参加したら、みんなこぞってこの馬に賭けますよね。

 

人気実力ともにあるわけですから当然です。

 

この馬が勝つ確率も高めです。

 

ですが、おおよそみんな勝つであろうと思われるときには、

賭けてあたった時のリターンの率が極端に低いんです。

 

たとえば1.1倍です。

 

1万円賭けて、

もし当たったら1万1千円になって

返ってくるというのが1.1倍という意味です。

 

つまり、千円だけプラスです。

 

ですが、もちろん外れたら戻ってきません。1万円が失われます。

 

勝負の世界、絶対はありませんから、たまには外します。

 

そして外した時には元本が吹っ飛びます。

 

勝率が高い馬ほど、オッズが低い

という相関関係があるため、

結局勝ってもそんなに旨味がないどころか、

たまに負けてしまうことで一気にお金を失ってしまうという落とし穴があります。

 

勝率が低い馬ほどオッズは高い

です。

 

いわゆる大穴ですね。

 

こっちはほとんどが負けなのに、

たまたま勝ってしまったときに的中したら100倍とかオッズが付き、

1万円の賭け金が100万円に化けるのです。

 

でも勝率が低い馬に1万円をそもそも賭けることは難しいですよね。

 

勝敗の的中によってお金を得るということはそれだけ難しいことなのです。

 

これを安定して的中し続けて資産を増やそうと

持ち掛けてくる詐欺師の気が知れません。

 

オッズが高い大穴狙いの試合などには、

軍資金の5%をベット(賭け)し、

 

オッズが低い鉄板の試合などには、

軍資金の10%をベット(賭け)しましょう。

 

というように、あたかもしっかりと資産管理と分散をして

リスクをヘッジしてますから安心して

資産を増やせる風に見せかけてきます。

 

はっきり言って、トータルで確実に負けます。

 

 

やってはいけない理由②勝率マジックに騙されてはいけない。

 

「弊社の必勝ロジックは勝利95%を誇ります!」

 

と聞くとなんだか凄そうに見えますよね。

 

これは勝率が錯覚させる大きな罠です。

 

先ほどのとおり、勝率が高いということはオッズが低いです。

 

勝率95%のオッズは1.01~1.2くらいです。

 

統計データとはすごいもので、勝率95%ということは負率5%です。

 

95%って凄い数字に思えますが、

100回やったら95回は勝ちますが、

5回は負ける

のです。

 

しかも、確率と試行回数を掛け合わせたのが統計なので、

 

5%ということは、統計通り、100回やれば5回は本当に負けます。

 

回数を重ねれば重ねるほど、より正確に5%の負け結果となります。

 

小さな勝ちを積み重ねても、

1回の負けで積み重ねてきたものがすべてが吹き飛びます。

 

いわゆるコツコツドカンです。

 

詐欺会社は

「1回負けても大丈夫です、うちのロジックは95%勝てますから。また1からこつこつと資産を構築していきましょう」

と言います。

 

ですが、すでに収支は大幅なマイナス。

 

今度は一度失った元金を取り戻すために頑張らなければなりません。

 

収支をプラマイ0にも出すために頑張っても、

確かに95回は勝てても収支が0に戻る前に

2度目のドカン(負け)がやってきます。

 

そしてさらに収支がマイナスになっていき取り返しがつかなくなっていくのです。

 

イメージ図を作ってみました。

 

こんな感じで、確かに勝てるんだけど、

100回のうちの5回で大幅に資産を減らしていきます。

 

泥沼です。

 

最初のうちは気づきません。

 

「きっと不運が重なっただけなんだろうな」と思うだけです。

 

しかし、回数を重ねれば重ねるほど、統計と同じ結果が出ます。

 

そうやってやっと騙されたと気づくのです。

 

 

やってはいけない理由③予想配信サービスと業者の巧妙な逃げ方

勝率マジックという落とし穴で、

ロジックが破綻していることが証明されましたが、

 

「弊社が事前に予想した試合に賭けるだけ!」



という月額で配信サービスをしているところもあります。

 

試合前の2時間前とかにメール等で予想が届きます。

 

前述のとおり、このとおり賭けても資産は増えません。

 

オッズというのは、試合の直前まで、

もしくは最中でも

オッズがころころと変動します。

 

たとえば

「弊社は勝率は70%くらいに落とし、その代わりオッズの高い試合に賭けます」

といってサービスを売りつけますが、

オッズがころころ変わるため、

配信側が想定しているオッズと、

実際にユーザーが賭けるオッズが全然違うということが良くあります。

 

なので、理論値としては数字が良くても、

実際にユーザーが賭けるタイミングと言うのは人それぞれのため、

オッズが低いという結果になります。

 

一言でいうと

「理論の再現性がない」

 

ユーザーが、

「全然儲からない!金を返せ!」

 

と言っても会社側は

 

「弊社ロジックの理論値はプラスです。お客様が不運なだけで、ほかのお客様はプラスの方がいらっしゃいます」

 

などとごたくを並べて逃げていきます。

 

ここでユーザーは騙されたと気付くわけです。

 

なんとも巧妙な手口です。

 

 

やってはいけない理由④ アカウントに制限がかかる

仮に、連続で収益が上がったとします。

 

立て続けに配信やノウハウで勝ち続けたとします。

 

しかし、ブックメーカーの運営サイトもバカではありません。

 

「なぜか日本人のアカウントが同じ試合に同じように賭けている。しかも勝っている」

と気づきます。

 

そうなると、そのアカウントが賭けることが出来る金額の上限が、

極端に低くなるように制限をかけられます。

 

今まで1試合に何万円も賭けられていたのに、

1試合で100円までしか賭けられなくなります。

 

ブックメーカーの運営会社は、公正公平なんて関係ありません。

 

運営会社が正義なので、怪しいといちゃもんをつけられた時点で

勝ち続けているアカウントは制限を賭けられて使い物にならなくなります。

 

なので、堅実に長期間に渡る資産運用なんてものは絶対に出来ません。

 

やってはいけない理由⑤ オッズが変動する

例えば、

「この試合にこう賭けてください!」

という配信サービスのメッセージが届いたとします。

 

利用しているユーザーは、

こぞって同じ試合に賭けますよね。

 

そうなると、

当初のオッズが下がり続けます。

 

賭ける人が増えれば増えるほどオッズが下がります。

 

当たると有名な配信サービスがあるとしても、

みんながその配信通りに賭けることにより、

自分達でそのオッズを下げるという愚かな行為をしていることになるのです。

 

 

やってはいけない理由⑥ ブックメーカー出資話

 

たまたまうまくいったときの運用履歴をスクショして、

 

「これだけの実績が出ました。ノウハウは完ぺきなので、もっと大きい資本でやりたいんです。お金を出資してくれませんか?利益の〇%を毎月配当しますので。」

 

と甘い話を持ち掛けてくる場合もあります。

 

はい、でました。

私が何度も口を酸っぱくして注意喚起している「出資話」。

 

何もわからない人からすると、

「ああ、僕もついに投資家かぁ。出資とかめっちゃかっこええやん。」

 

となんか浮足立って騙されてしまいます。

 

ですが、出資したお金は、

最初の2か月くらいは配当がくるのですが、

それ以降はぱったりと配当がなくなります。

 

何かしらの不慮の事故を装って、持ち逃げされます。

 

警察にタレこんでも逮捕はされません。

 

弁護士を雇ってうんぬんかんぬんも無理です。

 

お金を人もしくは会社に預けた時点で試合終了だと思ってください。

 

 

【まとめ】今でも勧誘している人が多いブックメーカー投資!

ネットでも勧誘のDMは来ますし、

また、リアルの世界でも勧誘してくる人はいます。

 

実際に、ブックメーカー投資専門の高額スクールなども都内には実在します。

 

それらには絶対に手を出してはいけません。

 

言い返しても相手は詐欺のプロです。

 

口が達者なので言いくるめて来ようとしますから、

 

相手にしないことが一番です。

 

勧誘している人は手法を売って儲けているだけで、

その手法でお金を増やせてるわけではありません。

 

手法でお金を増やせるならユーザーにわざわざ手法を売る必要はない

ということを肝に銘じましょう。

 

騙されそうになっているお友達がいたら

このブログ記事を見せて目を覚ましてあげてください。

 

今後とも、世にはびこる詐欺とその手口をシェアし、

誰も詐欺に引っかからない教養を身につけていけるように記事を書いていきます。

 

こういった詐欺被害のお話を聞くだけならできますので、

ひとりで悩まずにご連絡ください。

 

ただ、詐欺は巧妙なので逮捕まではできません。

 

基本は泣き寝入りしかできません。

 

なので、私にできることはお話を聞いて、

今後そうならないために、こういった詐欺情報などを拡散して

皆さんの情報・知識・リテラシーの底上げをすることです。

 

今後被害が拡大しないためにも、様々な情報提供をお待ちしています。

その他、詐欺関連の記事をまとめましたので、こちらも全てお読みいただければ、相当なリテラシーが付くと思いますので、必読だと思ってお読みください。

運営者:さかしん
 

元・県庁職員

オフショア資産保全の預金利息とポイント活動で愛猫とゆるく生活中。

副業・資産運用歴16年の34歳。

・2000万円問題で将来不安が大きい
・資産運用は必要不可欠だと感じる
・でもリスクを負いたくないし、、
・何が危険で何が安全か分からない

そんな「最初の一歩の踏み出し方が分からない方」に向けて「色んな人に騙されて来た筆者」が赤裸々に、ド直球に発信・表現しています。

公式LINEでコラムを配信中!
友だち追加

ランキング登録中です。
記事内容に気に入っていただけたら
1クリックで応援お願いします。
にほんブログ村 その他生活ブログ マネー(お金)へ